赤坂ひよこ日記

ブログトップ

皆ぞう VS 行ぞう

b0165000_10362438.jpg

しっとりとした小雨の多いこの時期。
やっぱり冷酒でしょ。

ということで「鏡花」にいくぞう!

先付けの白ずいき〜進肴には「どぜうの蒲焼」。
b0165000_10361665.jpg

どじょうを2匹くらい?細めの竹串にくるくると刺して
甘辛のタレをつけて焼いた蒲焼は絶好の酒のつまみ。
旨いよ〜。
b0165000_10363391.jpg

で、こりこりのつぶ貝&かんぱちのお造り〜くじらの竜田揚げ
〜加賀野菜・金時草の酢物と続いて、煮物は「鱧鍋」。
b0165000_10365896.jpg

初夏といえば鱧。ここの鍋は淡路島の玉葱がふんだんに
入った甘めだけどさっぱり味の優しい仕立てです。

そうそう肝心のお酒。福光屋さんのお酒は僕には軽めの
さっぱり味(女性には飲みやすいかな)が多いですが、
この日は季節限定の「氷室献上」と、
b0165000_10364233.jpg

ネーミングで一発決定の「皆造(かいぞう)」。
b0165000_10365157.jpg

造り酒屋さんが夏前に一年の仕事納めに
蔵のお酒を皆でみんな飲んじゃという内輪向けのお酒。
そんなストーリーに酔わされます。
で、お味もかなりのしっかり飲み口です。

大人な佇まい・初夏に精のつく料理・粋なお酒で
いい感じにほろ酔いの行蔵。
梅雨にも負けず、6月後半も飲みにいくぞう!

By 行蔵
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2009-06-22 10:44 | 赤坂ディナー