赤坂ひよこ日記

ブログトップ

スシインターナショナル!? 

気にはなってるけど、
なんかミーハーだし・・・
いまさら行きづらいな~
といっても
フォーエバー21でもアバクロでも堂島ロールでも
ありません。

行って来たのは
b0165000_10411519.jpg

この吹き抜け感、本好きの方には既視感ありませんか?
そう!エスプラ通り三菱東京UFJ隣・板前寿司さんです。
大間のマグロの初セリでバンバンマスコミに出ている香港の
オーナーのお寿司屋さん。
赤坂地元の方や寿司へのこだわりのある方からは???的に
見られてると思うし、行蔵も「赤坂で寿司ならもっと
地元系・個人系」と思ってたんですが、
ミーハー心がくすぐられ突入!とあいなりました。

で肝心の料理は
b0165000_10513650.jpg

寒い夜熱燗にぴったりの焼き雲丹
外はスフレ風食感&中はウニウニ食感で楽しい。
b0165000_10523872.jpg

魚介と野菜のプロシュート&佐賀牛炙り串
豊富な国産白ワインに合わせて。

のれそれポン酢 や ヤリイカの柔らか煮を挟み(写真忘れました・・・)

b0165000_1054327.jpg

佐賀牛・赤身が美味しかったのでもう一回ステーキで。
続いて
b0165000_1057784.jpg

板前寿司名物の「海苔包み寿司」からトロタク
おうちでマキマキ手巻き寿司~っぽいですが
プロの具材バランスは絶妙です。

って「行蔵すし屋行ったんじゃないの?」という感じですが
ちゃんと中トロ・コハダ・サバにイクラ・・・と握りも注文。
1貫の値段も明記されてるし1貫ずつからOK。
&価格も十分リースナブル。安心の明朗会計です。

で気がつくと周りはアジア&欧米系様々日本語以外が飛び交ってます
旅行者のお寿司エントリー店には最適なのかも。
マヨネーズやお肉系など海外の方になじみの寿司から入って
徐々に本格寿司の道に入ってくれるといいんでしょうね。

ということで二人で
熱燗1本・生ビール4杯・白ワイン1本を空け
いい加減になって店を出る行蔵は
「握り寿司のある飲める創作料理屋」として又来ちゃうかも!?
と思ったのでした。
すし屋超激戦区・赤坂。生き残りの用件はやっぱり際立った
個性なんでしょうね。
ではでは!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-02-12 11:25 | 赤坂ディナー