赤坂ひよこ日記

ブログトップ

雨夜の赤坂通り その2

って「その1」を見終わって怒らずに「その2」を見て
いただいているあなた、ありがとうございます。

こちらは赤坂たつむらさん
掛け軸通り、身体にも心にも優しく穏やかな和食をいただけます。

b0165000_12243373.jpg

キスのいい蒸し
上品なきすの味が御飯と蒸されて本当に柔らか。
菜の花が目にも舌にもいいアクセントです。

b0165000_12253595.jpg

たつむら名物・嶺岡豆腐
昔、千葉のみねおかという牧場があって牛乳が
将軍家に献上されていたことから牛乳をつかった料理を
「みねおか」というそうです。
なめらか&濃厚。サクラの器も素敵です。

新牛蒡と百合根のしんじょうを経て

b0165000_12305547.jpg

おつくりは ほうぼうと鮑
目の前で重ねの漆器が広げられると
嬉しさも2倍。

平目の若竹煮(ミル貝のソース仕立て)を経て

b0165000_12334333.jpg

シーズン終盤 多分今シーズン最後の
せいこ蟹
最後はキンキンの熱燗注いでくれて甲羅酒も楽しめます。

b0165000_12353799.jpg

三宝柑の器の中には
生の白魚と三宝柑
白魚と柑橘果実、これが驚くほど合います。

さらに
b0165000_12373688.jpg

豆乳の蒸し物
たっぷり雲丹と生海苔を豆乳の茶碗蒸しとかき混ぜて。。。
至福です。

〆にお釜で炊いた鯛めし
自家製デザートと続き、満腹満腹

お客様は他にも何組か入ってましたがまるで雪国の温泉場に
いるような静けさ。
漆喰の壁と昔ながらの電球色の照明が時間をゆっくり進ませます。
「気長心穏」
サカスの喧騒からほんの数十メートルのビルの2階にこの落ち着き。
赤坂はやっぱり奥深いな。。。

その1の展開、妄想癖の行蔵の戯言です。
「1Q84」張りの1部・2部構成。
くだらなくてスミマセン。。。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-02-27 12:49 | 赤坂ディナー