赤坂ひよこ日記

ブログトップ

赤坂寿司ラリー2  

赤坂寿司ラリーその2 
本日は、赤坂No1のお寿司屋さん
喜久好 さんです!!!
ミシュランが出る前は、ザガットで何年か連続1位でした。

数ある寿司屋の中で、なぜNo1なのか??!! 

大将の清水さんは、現在60代後半。とてもストイックで、
とても緊張感のあるお店ということで有名ですね。
清水さんの師匠は、伝説の寿司職人、藤本繁蔵氏
清水さんは、藤本氏の愛弟子なんです。
この藤本氏も赤坂で寿司を握っていたそうです。藤本氏は、数人の弟子しかとっていないそうで、
清水さんは、藤本氏から受け継いだ「伝説のちらし寿司」など、業界内でも有名な方とか。

寿司好きのぎらおは、とにかく清水さんのお寿司が大好きです。
一番初めに出てくるヒラメは、とにかくプリプリ!!!!! 
そのあと、中トロ、マグロのづけと続き、エビ、コハダ、うに・・季節のネタが出てきます。
とにかく喜久好さんお寿司は、味が安定してます。いつ行っても、同じなんですね。
すごい!
ぎらお的には、このお店の握りの早さが最高です!!
大将曰く「寿司は、ファーストフード。さっと食べておなかに入れないとおなかが膨れる。
ぱっと食べてから、飲みに行く。それが本来の江戸前の粋な食べ方」だそうです。
ですんで、飲兵衛さんは、要注意!

ちょっと時間がたってしまいましたが、今年の正月に喜久好さんのおせちを頂きました。
ぎらおは、ずっと喜久好さんおせちが食べたかったので、とにかくHAPPYな新年でした。

大将は、とにかくストイックで強面かと思いきや、ものすごくやさしく、
ぎらおは、本当に可愛がっていただいてます。
赤坂料亭老舗の口悦の女将もこちらの常連様。今は無き、料亭の中川、長谷川など
日本でもトップの料亭御用達のお店なんです。
ぎらおは、なんども同じカウンターで、政財界の超大物と遭遇しました。
近年の格付けブームとは無縁な、昭和の良き匂いのある、そして黒塀の赤坂を
感じることのできるお店です。
お皿のこと、マナー、建築、季節の物・・・数々のことを教えて頂いています。

書きたいことは、まだまだありますが、とりあえずこの辺で。
今度は、伝説のちらし寿司レポートいたします!
b0165000_632660.jpg


b0165000_641110.jpg


b0165000_644899.jpg


b0165000_651254.jpg


b0165000_653994.jpg


b0165000_66482.jpg


b0165000_663838.jpg


b0165000_67246.jpg


b0165000_673597.jpg







大山康治永世名人
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-03-14 06:13 | 赤坂ディナー