赤坂ひよこ日記

ブログトップ

正しい日本の食事

b0165000_9145399.jpg

照明の色がついていますが実物は真っ白。
行蔵には鹿児島名物のカルカンのように見えたのですが
十字に入った裂け目にそって開けてみると・・・
b0165000_9183388.jpg

この香りは。。。時節柄、桜餅!
ではなくて
b0165000_919372.jpg

「庄内牛とと筍の塩釜焼き」なのだ~
と、こんな洒落た演出をするのは
他ならぬ阿部さん
(なんかアベって名前だと「アベチャン」と呼んでしまう行蔵ですが
ここは敬意を表して「阿部さん」で)

でも強肴的に出たこちらより行蔵の心を打ったのは
b0165000_9291797.jpg

ゼリー!デザート!(って流れ的にバレてますが・・・)
こちらは先付の「春野菜のお浸し」
お出汁のジュレの中には一杯の山菜&春野菜
そして旬の蛍烏賊!グラスの底には木の芽味噌。
これをぐちゃぐちゃにして頂きま~す。

さらに
b0165000_9364134.jpg

お碗は「アイナメ」
上品なふんわりアイナメ白身の下には若布豆腐。
手の込んだ具もさることながらやっぱり
きっちり出汁の利いたすまし汁はいつ頂いてもほんのり優しい。。。

b0165000_941140.jpg

b0165000_9413030.jpg

おつくり~焼き物「真鯛のポワレ」~先ほどの庄内牛と続き
b0165000_9432312.jpg

「穴子友禅押し寿司」
行蔵の写真のせいで伝わりませんが、
見た目に春を感じさせます。穴子はあえて御飯の間に控え目に。
友禅なんて名前も脳に響きます。

最後は
b0165000_9461363.jpg

行蔵の大好きなラムレーズンアイス&パウンドケーキ(イチジク)
ラムレーズンびっしり&しっかりお酒の利いたアイスは行蔵どストライク

こちらの阿部さんはアートディレクターの水野学さんが雰囲気作りを
監修していますがコンセプトに「正しい日本の食事」を掲げています。
b0165000_9495196.jpg

片口で熱燗を出したり、みんなで食卓を囲む大切さを訴えつつも個室優先の
空間など演出の細部においては賛否両論あるかもしれませんが、
楽しくお洒落に工夫に満ちた美味しいものをいただける阿部さん。
ありがとうございますです。

&この料理で「阿部ちゃん」と呼べる雰囲気のカウンターの店を
もう一軒赤坂に出してくれたらいいな。
と勝手に思いをめぐらす行蔵でした。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-03-18 09:57 | 赤坂ディナー