赤坂ひよこ日記

ブログトップ

驚愕の3500円

ついに行ってきたぞーうずまき
ってなんで「ついに」かって言うと
温厚な店主曰く
「そんなに忙しくないんですよ~。」
とのことですが平日夜行蔵は3回続けて
「すみませ~ん。今日は満席で・・・」
だったんです。
期待しすぎると「え、こんなんなの。」というのが世の常ですが
うずまきさんは違いました。
この日行蔵は基本の3500円おまかせコースをチョイス。

前菜は、白和え風のピータン豆腐・蒸し鶏・くらげと梨の胡麻ソース
b0165000_1593492.jpg

ピータン苦手な連れもあっさりピータン豆腐はペロリ。
くらげが胡麻ソースで梨のシャキシャキと合わせてるのも意外。
次の皿への期待が膨らみます。

そこに
b0165000_1513241.jpg

なんと鮎の春巻。
パリパリの皮をがぶっと食らいつくと鮎の香りが中からほわっつと広がります。
一瞬びっくりな尾頭は素揚げでバリバリいけます。

野菜炒めも一味違い
b0165000_1519521.jpg

なたまめ・きんしうり・生麩・黄色ズッキーニ。
シャキシャキ食感の野菜類に生麩のもっちりがアクセント。

さらに自慢の黒酢豚
b0165000_15251841.jpg

がっつり豚肉としっかり食感の蓮根の相性抜群。
お行儀悪いですが、肉も蓮根も齧っては残りを
多目のソースにからめていただくのがお勧めです。

そして行蔵お気には
b0165000_1633288.jpg

イカのトーチ炒め。コクのある豆味噌調味料トーチが
プリプリのイカにベストマッチ。
みずのみ・オクラ・生姜、個性派野菜なのに調和取れてます。

しかし紹興酒進むわ~。

〆は麺か御飯が選べますが
この日は、それぞれスーラーター麺&炒飯
b0165000_16363649.jpg
b0165000_16364674.jpg


美味しさが伝わらないのが残念ですが
この3500円は大分お値打ち。
実はお任せと言いながら、アラカルトメニューの
イカのトーチ、鮎春巻が気になる~と言ってると
「ならその2品と定番酢豚いれてコースにしますね。」
といった対応をしてくれました。
定番の黒酢豚以外季節季節で内容は変わるようですが
これならいつでも嬉しい驚きを与えてくれそうです。

さすがの連日満席も納得のうずまき。
赤坂の中華ワールドは奥深いわ~。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-09-07 17:53 | 赤坂ディナー