赤坂ひよこ日記

ブログトップ

行蔵 VS 丈太郎

新店情報ラッシュのひよこ日記なので行蔵も!

ってお店オープンは昨年12月末なので
既に知ってる人はタイトルでぴんと来たかな?
b0165000_8415446.jpg

赤坂駅至近お城のホテルの先、公園脇の赤坂丈太郎さんです。
ちなみにこの布巾は頂いて帰れます。

店に入ると、
シンプル&モダンな木のカウンターに
多数の黒シャツ黒パンツの店員さん。
一瞬、いまどき多い「ちょっと格好付け」系かと危惧するも
きびきび&「どうぞどうぞ」な柔らかい感じで迎えられ安心して
丈太郎さんの前のカウンター特等席に。
今日はお試しで7千円のコース&当然のプレミアムモルツを
頼むと・・・・

まずは、かつての横浜大洋のスーパーカートリオ並みの付出
3連打
b0165000_8553597.jpg

新蓮根せんべい
b0165000_8555525.jpg

糸もずく。土佐酢がまろやかです。
b0165000_8585456.jpg

鶏肉の胡瓜和え
酒飲み心理をしっかりおさえてます。

お刺身は
b0165000_924398.jpg

平目に赤貝。艶々の見た目通りの抜群の食感。

焼き物は
b0165000_951555.jpg

真鰯の若狭焼き。焙じ茶で香り付けした鰯は
噛みしめるとじゅわ~っつと旨みが広がります。
b0165000_975027.jpg

もって菊なる綺麗な食用菊とシメジの酢びたし
も一緒に供されます。

ここまでは、いわゆる正統派カウンター和食ですが・・・

ここからは
b0165000_9101869.jpg

マコモ茸のフライと豚肉炒め。
特にこの豚肉炒めは文字通り「炒」。
完全に中華です。
さらに
b0165000_9125161.jpg

大山鶏のモモ焼きは、香菜&八角を効かせた
これまたエスニックテイスト。
でも大山鶏には金時草の煮浸しが添えられていたり、
味付けもギトギトせず、コースの流れを損なわない
ギリギリ変化球。
聞けば丈太郎さんは京都での日本料理の修行の後、
中華の修行もされていたそうで納得納得。

〆は
b0165000_9243531.jpg

鰻とろ丼。ほんわり鰻&とろろは意外にさらっとお腹の中へ。
b0165000_92741.jpg

自家製西瓜シャーベットに
b0165000_9275692.jpg

ハイビスカスのハーブティでオシマイ。
満足感一杯。おなかも一杯です。

メニュー見てお気づきかと思いますが、臨店は先週9月末。
10月はさらに深まる秋のメニューにかわってるようです。
コースの組み立ても、「中華系抜き純和風で」とかリクエスト
してくださいとのことでした。
次はガチ和食も行ってみたいなぁと画策中の行蔵。
新顔の紙音さん、丈太郎さんに、ビストロQさん、
老舗の楽亭さん、燻さん、以とうさん・・・
赤坂お城のホテル周りはカウンター系名店の激戦区だ~。

追伸 ちなみに「丈太郎」さんはあくまで店名で
    店主は「雄一郎さん」です。あしからず。。。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-10-07 10:41 | 赤坂ディナー