赤坂ひよこ日記

ブログトップ

寿司屋ハットリくん 

11月のひよこ氷川神社BBQで大活躍・大評判のすし 服部さんに
行ってきました。

ミッドタウン正面から本当にすぐのグッドロケーションながら
六本木交差点のヤンチャな外国人や酔っ払いグループの喧騒や
ミッドタウンのイルミネーション見物のカップルのイチャイチャからも
程よく離れた静かな星条旗通り一本横の路地の地階。
カウンター8席にテーブル1席の空間は「いい寿司屋」のキャパ。
ご主人初め4~5人のスタッフが温かく迎えてくれます。

プレミアムモルツの中瓶で乾杯。
ちょこっとつまんでから握ってくださいというと
蛸の桜煮 白子焼 あんきも 鰤刺しのおろしポン酢のせ
がささっつと小鉢で出されます。
程よい甘みの蛸、とろとろ白子、しっかりあんきもに
脂のってるのに全くしつこさを感じない鰤。

酒飲みのハートを押さえながら、剛柔とってもいいバランスの
つまみにはやっぱり日本酒。
冷酒をオーダーすると錫の片口に錫のぐいのみ。
敢えて生ビールでなく瓶ビール、その他のお酒も和洋絞り込んだ数種ずつ。
寿司屋だか飲み屋だかわからない店も多いけど、
酒好きの気持ちはに応えながら店主のコントロールが効いている
のって大事です。

で、肝心のお鮨は
・鮪
・コハダ
・トロ
・穴子
・ウニ(軍艦でなく海苔無し握りで)
・ミル貝
・白ネギのねぎとろ細巻
と頂きましたが、どれもとっても繊細。小ぶりな御飯に適量の大きさのネタ。
どれも口に運ぶと、ふわっと味が広がっては溶けていく感じ。
コハダの酢の効き方も、ちゃんと〆てるけど当りが優しい。

立地・空間・お店の人・お酒・つまみ・勿論お鮨
どれもこの店からは「程よい塩梅」「心地よい優しさ」を感じます。
飾らない友人とリラックスしながら鮨食べたい時。
赤坂から散歩がてらミッドタウンを抜けて行ってみて下さいまし。

で、全然「撮影ご遠慮下さい」な感じではないのですが
行蔵のピンボケ写真って、鮨と天婦羅にはどうも向かない気がして・・・
全編 語りのみでお届けさせていただきました。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-12-11 11:26 | 赤坂ディナー