赤坂ひよこ日記

ブログトップ

気取らない飲みには

自称「赤坂夜間経済活性化特使」として
知人・友人との食事・会合は極力赤坂利用の行蔵。
「さすが赤坂ですね。」
「うちの会社の近所にはこんな店はないです。」
とか言われると嬉しいし、
その一言の為に気張ることも多いですが、
そんなこと気にしない間柄と飲んでる時が一番楽しくて。

そんな時は・・・
b0165000_1136843.jpg

こんなほっこりな蒸し野菜でスタートの一福さん

b0165000_11395799.jpg

刺し盛りには、行蔵も初の「ひげだら」入り、
軽く〆てありますが独特の食感。

b0165000_1284687.jpg

一福名物「マルコポーロ」は和風ピロシキ?和風揚げ餃子?
ちょっと甘めの味付けがお酒のアテに丁度良い。

b0165000_129457.jpg

たっぷりの白菜を掻き分けると中から豚肉。

b0165000_1292633.jpg

一瞬「百目鬼」のような見た目だけど柔らかく煮あげたタコ。

b0165000_1295559.jpg

和食屋さん定番の白子焼きは八丁味噌との相性ばっちり。

怒涛の酒好き対応メニューの数々。
それもそのはず、こちらの若主人とその従姉妹のホールの女性は
赤坂でも有名なやんちゃな酒飲み!
素材がしっかりしていると「素材の味を楽しんでいただきたい」ばかりが強く
酒のアテにした時に物足りない店もありますが、
一福さんは、分かってらっしゃる!!!

ミシュラン評価の店や老舗の佇まいの名店も赤坂の自慢だけど
路地裏(ここの路地裏は名店ひしめいています)に
地元の主人がやってるこんな和食屋さんがること、これって
大人赤坂の自慢です。

ちなみにデザート代わりにトマトのコンポート。
あっさり&ほど良い甘さが〆にピッタリ。
これも飲み助の身体が欲する一品だぞ~
b0165000_1210489.jpg

[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-03-02 12:29 | 赤坂ディナー