赤坂ひよこ日記

ブログトップ

がんばれ東北!がんばれ肝臓!がんばれ行蔵!

だ~ん!
b0165000_1027030.jpg

「袋吊り」ですよ。
よく分からないけど凄い感じ伝わってきますよね。

「好きなお酒?料理に合わせて何でもですけど、
 やっぱりシャンパンかワインかな。」
こんなことを言う相手との初対戦。
楽しく杯が進みながらも頭の片隅に¥¥¥では・・・
そんな時に安心なのが
以前の日記でも登場の紙音さん
ムフフなオトナの店にムフフな感じで突撃後に
目に飛び込んできたのは「東北のお酒を飲もう!」
のドリンクメニュー!

乾杯のビールと共に、香り豊かな
新グリーンピースの葛煮でお腹を優しく労った後は
b0165000_9595620.jpg


当然行くでしょ!
被災した蔵設備を直すのに最低2億円と特集されていた
伯楽星(宮城)
~ご存知、石原さんの花見自粛に一矢を報いた
南部美人(岩手)
~そして日本海側ですがお店お勧めの写真の
一白水成(秋田)
~さらには名前も素敵な
俺の出番(福島)

途中からは最早使命感も手伝いながら東北漫遊。
でもお相手は全くお顔にも変化なく淡々と杯を空けて行きます。
「行蔵さんもお強いけど。お連れ様も中々。」
と料理長さんも心配げに一言な状況。
がんばれ肝臓!がんばれ行蔵!でなくがんばれ東北!

で大事な料理は・・・
(女将さん、お品書きお店出た後に走って渡してくれたのに
 こんなに下のほうになってすみません)
b0165000_1021814.jpg

可愛い筍の中に鯛の昆布締め
b0165000_103419.jpg

八寸は
桜鱒・穴子寿司などの定番に加え、
新キャベツと生ハムのサンドに黄身酢
串モノはおたふく豆+えび+アボガド豆腐
器の中の花山葵がまた日本酒に合います。

写真忘れるくらいほっとする味の鴨鍋は
つみれとコリコリのお肉とふんだんの葱

〆の御飯は
b0165000_10124521.jpg

ちょっと変化球の鯛の子飯
香りが一段とたちます。
鯛の子飯にあわせてお味噌汁とお新香
&最後に黒胡麻豆腐のデザートでご馳走様
なカウンターお任せコース。

お雛様みたいで可愛いお造りも
バラエティ豊かな八寸も
もちろん鍋や御飯もどれも
一つのお皿からの二人取り分けのカウンター和食。
素敵な距離感の演出はさすがです。

いろいろみんなお疲れの3月4月でしたが
行蔵もいよいよスロットル全開で進みますよ~
みんな赤坂で飲むぞ~!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-04-26 10:34 | 赤坂ディナー