赤坂ひよこ日記

ブログトップ

ハットリくん参上 with うさちゃん

大人のサシの接待には寿司ということで・・・
以前の日記で登場の寿司・服部さんへ。
ビール~日本酒かななんて思いを巡らしつつ店内へ

ところがその日はボジョレーヌーボー解禁日
ってなことでお迎えしてくれたのは
b0165000_8515964.jpg

ラパン(うさぎちゃん)ヌーボー。
行蔵世代懐かしのボジョレーヌーボー狂想曲時代は
「ボジョレーヌーボー=薄い・味わいない」ってな感じでしたが
いやいやイイ感じの酸味でぴょんぴょん跳ねるフレッシュさ。

これが
・カワハギ&肝和え醤油
・アナゴのうっすら醤油焼き
・煮アワビの肝タレのせ
に意外なほど合います。
(どれも写メだと全くシズル感出ないのでご想像にお任せします)

(でもせっかくなんで大将登場)
b0165000_8593632.jpg

握るお寿司同様、繊細な風貌に温かみのある笑顔
手にはてんこ盛りな雲丹の手巻き
「僕はあんまりワイン分からないんですけど、
 やっぱりこの時期はボジョレー置いとこうかなと。」
と謙虚な発言。
いやいや、雲丹にも合いますよ~。

(せっかくなんで握りもダイジェストで)
b0165000_913430.jpg

大間の釣りもの
「大間とかなんとか言っても・・・」「マグロは赤身だよな・・・」
とか四の五のは抜きで、やっぱ旨いっっす。
b0165000_914639.jpg

行蔵好物の煮蛤もドンと大ぶり。
瑞々しさと広がる甘みが絶品です。
b0165000_92122.jpg

イクラはご飯と一緒に一口盛でストレートに。

すいすい進んだボジョレー後には
b0165000_921396.jpg

結局、日本酒。
人気のダッサイの 意外な発泡にごり酒。
しっかりガツンのダッサイもいいけど、こちらもいけます。
最後にはたんと食べた(日記ではお伝えしきれないほど)ご褒美に
大将から普通のダッサイも頂きご満悦。

青年時代にボジョレーではしゃいでからはや十数年?
中年行蔵はボジョレー×お寿司で至福なひと時。
ハットリくん素敵な出会いをありがとうございました。 
ニンニン
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-11-18 09:23 | 赤坂ディナー