赤坂ひよこ日記

ブログトップ

カテゴリ:赤坂ディナー( 102 )

おもちさん大変です!赤坂で九州抗争勃発!!!

6月の人間ドッグで生活習慣病を宣告され
ちょこっとずつささやかな抵抗を続ける行蔵。
野菜ソムリエ目指しちゃおうかな位のある日
ジムのトレーナーから
「筋肉量を上げるために良質な蛋白も重要ですよ。」
とのご託宣が!
で、「蛋白質=お肉」の昭和な行蔵は
今春オープンの石焼みやまへ行くぞう!
新鮮な長崎たこの酢の物とサラダで準備運動のあとは
b0165000_844255.jpg

赤身盛り合わせ!
これを
b0165000_8443128.jpg

艶やかな表情のこちらで石焼~。
それぞれに食感も味わいも異なりますが
(って部位の名前忘れちゃいました~)、
どれもいい意味で昔食べた「お肉~」って味がします。
見た目の脂ギッシュに反し、40を越え、脂しっかりの
霜降り&カルビ系は少しで十分よ!な行蔵にはかなりビンゴ!
しっかりアミノ酸になってる感満点です。

が、この赤身でちょいリミッターが外れ
b0165000_8445198.jpg

やっちゃいました。リブロース。
b0165000_845798.jpg

溶岩石が供する優しい焼き上がりでジューシー&
ほわ~っつとした口解けが楽しめます。
このリブロースで、前頭葉のリミッターがカランと
音を立てて落ちた行蔵。あとは野となれ山となれでした。。。

で、みやまさんは長崎ですが、店のまん前には1年前の
日記で紹介の鹿児島牛の牛の蔵さんが先輩の風格で鎮座。
5丁目交番のおまわりさんの裁定必至の
赤坂九州牛肉代理戦争!どっちも頑張れ~!!!

しかし1年前の日記のほうが切れがあったし、
撮影技術は進歩してないし・・・
顔を洗って出直します。。。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-09-08 09:21 | 赤坂ディナー

驚愕の3500円

ついに行ってきたぞーうずまき
ってなんで「ついに」かって言うと
温厚な店主曰く
「そんなに忙しくないんですよ~。」
とのことですが平日夜行蔵は3回続けて
「すみませ~ん。今日は満席で・・・」
だったんです。
期待しすぎると「え、こんなんなの。」というのが世の常ですが
うずまきさんは違いました。
この日行蔵は基本の3500円おまかせコースをチョイス。

前菜は、白和え風のピータン豆腐・蒸し鶏・くらげと梨の胡麻ソース
b0165000_1593492.jpg

ピータン苦手な連れもあっさりピータン豆腐はペロリ。
くらげが胡麻ソースで梨のシャキシャキと合わせてるのも意外。
次の皿への期待が膨らみます。

そこに
b0165000_1513241.jpg

なんと鮎の春巻。
パリパリの皮をがぶっと食らいつくと鮎の香りが中からほわっつと広がります。
一瞬びっくりな尾頭は素揚げでバリバリいけます。

野菜炒めも一味違い
b0165000_1519521.jpg

なたまめ・きんしうり・生麩・黄色ズッキーニ。
シャキシャキ食感の野菜類に生麩のもっちりがアクセント。

さらに自慢の黒酢豚
b0165000_15251841.jpg

がっつり豚肉としっかり食感の蓮根の相性抜群。
お行儀悪いですが、肉も蓮根も齧っては残りを
多目のソースにからめていただくのがお勧めです。

そして行蔵お気には
b0165000_1633288.jpg

イカのトーチ炒め。コクのある豆味噌調味料トーチが
プリプリのイカにベストマッチ。
みずのみ・オクラ・生姜、個性派野菜なのに調和取れてます。

しかし紹興酒進むわ~。

〆は麺か御飯が選べますが
この日は、それぞれスーラーター麺&炒飯
b0165000_16363649.jpg
b0165000_16364674.jpg


美味しさが伝わらないのが残念ですが
この3500円は大分お値打ち。
実はお任せと言いながら、アラカルトメニューの
イカのトーチ、鮎春巻が気になる~と言ってると
「ならその2品と定番酢豚いれてコースにしますね。」
といった対応をしてくれました。
定番の黒酢豚以外季節季節で内容は変わるようですが
これならいつでも嬉しい驚きを与えてくれそうです。

さすがの連日満席も納得のうずまき。
赤坂の中華ワールドは奥深いわ~。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-09-07 17:53 | 赤坂ディナー

夏休みの終わりには

だーん!
b0165000_1312083.jpg

日本のゴッホ・昭和の天才奇人 棟方志功さんの書で
迎えらるこちらの座敷で頂くのは

b0165000_1362843.jpg


b0165000_1365727.jpg


b0165000_1371732.jpg

と、過程も楽しい稲庭うどん。
行蔵も色々な一手間系を楽しんできましたが
うどんを頂く際に竹筒抜くのは初体験。
で、〆にシコシコさっぱり美味しい稲庭うどんを
頂いたのはひよこ料亭勉強会でもおなじみの赤坂金龍さん
b0165000_13151552.jpg

茄子の琥珀よせに蒟蒻・ごり・烏賊・一口蓮根寿司・・・
b0165000_13171883.jpg

お椀は白味噌仕立ての鰻&お豆腐
ほのかな甘さが上品です。
b0165000_13191856.jpg

お造りは鮪に鱸にあおり烏賊
小ぶりなお皿にきゅっと盛られた上質なお刺身
お供は
b0165000_13205849.jpg

金龍さんオリジナルのしっかりお米の味わいの冷酒
b0165000_1322980.jpg

もろこし真丈
芯に見えるところが実は海老真丈。
焼物は肉かお魚か選べますが行蔵は
b0165000_13244725.jpg

和牛の照焼
甘めの味付けがお酒のつまみにぴったり!
この後、煮物に続いて件の稲庭うどん&果物・羊羹

勉強会での宴会弁当やバーでのお酒は頂く事がありましたが
金龍さんの座敷でしっかり食事をするのは実は初めての行蔵。
昔ながらの木枠の窓越しに見える中庭の暗さと
衝立の障子の白さや畳の青さが生み出す明暗が
なんとも言えない落ち着いた雰囲気をつくり出し杯も進みます。

至極の和体験のあとは
がらっと雰囲気を変えてイルカシータのテラスで夕涼み
b0165000_1332168.jpg

夏仕立ての着物もほぼ見納め(素敵な着物の柄が全く伝わらず
残念ですが・・・)の夏休み最終日の夜。
小学生ではないけれどなんかちょっと感傷に浸ります。

けどけど9月からは年度も後半戦。
秋も冬も楽しく行くぞう!!!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-09-01 13:54 | 赤坂ディナー

大人の夏のミッドタウン

いよいよ夏休みも10日を切り・・・
宿題やったかぁ~?
って宿題出てた頃が懐かしく
今は日々、課題だけが山積の行蔵・・・

でそんな8月の終わりには
やっぱり
b0165000_847194.jpg

とらやさんの氷宇治金時!!!
今日はフルサイズ+白玉追加に挑戦。
最近、普通サイズ&大盛サイズが多いですが
王道のフルサイズ&小さいサイズというラインアップが
「さすが老舗」を感じさせます。
甘みを抑えた抹茶はしっかり濃厚
そして写真には写っていませんが氷の下の小豆が
艶々の表情にねっちょりモチモチ食感
でもしつこくなく甘すぎず。
小豆ってこういう美味しさなんだよねと実感します。
連れは、小さいサイズにお煎茶セット
b0165000_8591277.jpg

こちらでも十分、小豆・抹茶の美味しさは堪能できます。

で、大分汗が引いたらそのまま水平移動で
ユニオンスクエアのテラス席へ!
b0165000_911591.jpg

熱帯夜でも緑に囲まれたテラス席は快適~。
太陽の直射と冷房で疲れた身体が
自然の風で癒されます。

先述のウォーターイベントも間もなく終了のミッドタウン夏休みですが
大人の夏休みは自己申告制。
秋色夏素材のワンピレディ(行蔵妄想の定番)といざミッドタウンへ!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-08-23 09:14 | 赤坂ディナー

なつ!なつ!なつ! なす!なす!なす!  オゥレギューム

夏といえば茄子
でも焼茄子、揚げ浸しだけではないですよ~
b0165000_11335880.jpg

ご存知オゥレギュームの五十嵐さんにかかるとこの通り。
(写真悪くておいしそうに見えなくてごめんなさい)
三種のなすのミルフィーユ仕立て。
米茄子・青茄子のフリット+もう一種茄子
層の間にはフォアグラ!てっぺんにはカリカリチーズ。
タワーが崩れるのを気にせずカットして全種を一気に
頬張ると。。。 
ほわ~っつ。茄子とフォワグラ意外に合います。

ほかにも
b0165000_11412161.jpg

糸瓜・オクラ・桃のサラダ
糸瓜のシャキシャキ食感とオクラのヌルザク食感
&桃の爽やかな甘みが一体に。

b0165000_11435373.jpg

ゆうがお・キャベツの蒸し物?にはふんだんのトリュフ。
野菜の甘みの出たスープにトリュフの香りが柔らか~

b0165000_11461399.jpg

スイカ&パッションフルーツのお口直しで

b0165000_11464562.jpg

お皿からはみ出しそうなたっぷり野菜のグリル。
今日はちょこっとだけ豚肉のグリルも追加。
様々な食感の野菜と一緒に食べると豚肉もホントにヘルシー。

定番の茄子がこんなに化けたり、
糸瓜やゆうがおのように普段食べない野菜に会えたり。
オゥレギュームさんには行く度にワクワクさせられます。
秋の驚きへの期待を胸に、温かいお見送りでお店を出る行蔵でした。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-08-21 11:56 | 赤坂ディナー

銀座集合!銀座解散!

残暑お見舞い申し上げます。
身体は肥えてても魅力が枯れ始めたのか、
女性との会食中に彼との恋話や悩みを聞くことが
滅法増えた行蔵。。。

「今度の彼は~、職場近くまで車で迎えに来てくれて
 帰りも家まで送ってくれるんです053.gif053.gif。」

バブル最終世代と言われ、アッシー・メッシー・ミツグ君
なんて言葉も記憶に刻まれている行蔵には、結構普通のエピソードな
気もして、「ふーん」位のリアクションでいると、、、
「前の彼なんか、デートも『銀座集合!銀座解散!』だったんですよ~。」
「前彼は極端にしても、最近優しくない男性が多いんです。」
とのこと。
これは問題だ!

草食男子なんて家畜みたいな分類の男の子が増え、
趣味・貯金の内向き消費傾向なんかも言われてますが
「銀座集合!銀座解散!」じゃ、世の中活性化しない大問題だぁ~
「自分らしさ」とか「自分スタイル」「自分をもってる」とかも大事だけど
やっぱり恋人や半径何メートル以内の異性(同性にもかな)に対しての
ちょっとした一手間や一気遣いがなきゃね~。
同輩の男子諸君、大人の街・赤坂で飲む時は相手への一手間を
惜しまず、女性を華やがせ、街を華やがせましょう!
なんてね。

と、赤坂情報の前の枕が異様に長くなりましたが
b0165000_8344861.jpg

この一見ムースデザートのようなこちらの正体は・・・
ドン
b0165000_8354844.jpg

自分でパスタの上にぶちまける
小エビと茄子のトマトソース&ムース状のミルクソースでした。
ちなみにデザートは
b0165000_8401374.jpg

自分で手間はかけませんが、シャーベット上に凍らせた独特のティラミス。
伺ったのはご存知ボタニカさん。メインの絶品エージドビーフを
撮り忘れたのでメニュー紹介出来ない分、駄文を並べました。
すみません。
しかし!この一手間!!!
無駄に思えたり、何で?と思えたり、料理は味で勝負しなきゃと
思ったり人それぞれかとも思いますが、この楽しい一手間精神。
忘れたくないですね。

かなり強引に前文とお店紹介を繋げましたが、
最後までありがとうございます。
それではみなさんお盆休みは赤坂に行くぞう!
(サカスやミッドタウンはしっかり営業中なのでお店営業の保険は
 効いてます。 安心して○クザも客引きのお姉ちゃんもいない
 静かで落ち着いた赤坂を散策下さい。)
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-08-12 09:00 | 赤坂ディナー

ランプが灯る頃には

暑い!いや熱い!
昼の室内はもちろん、睡眠時にも冷房。
下手するとほぼ一日中冷房の効いた環境にいることすら・・・
そんな時はやっぱり
b0165000_1052199.jpg

外飲みビール!
これに決まりでしょ。
b0165000_10493293.jpg

テラス席のランプに灯りがともる頃には
時折吹く風も少し涼しさを帯びてきます。
でビールと共に頂くのは
b0165000_10532042.jpg

モッツアレラ&トマトたっぷりのロマーナ
&しっかりチーズのハーフ&ハーフ
トッピングのチーズや具材ももちろんだけど
こんがり焼けた生地とベースのソースが旨いっつす。
旨いピザに冷えたビール&目前の緑があれば
夕方まで残る暑さも、のんびり気分を演出する
要素の一つに変ります。
でそんな緑・ランプ・ビール・ピザの最高のテラスを提供
いただけるのはミッドタウンでも屈指の人気店ナプレさん
昼間には「おばちゃん達もピザ好きなんだぁ~」と感心する
大行列必至の店ですが大人の夜の外飲みレベルも相当高い!!!

ピザ以外も
b0165000_11131983.jpg

お魚しっかり厚切りのカルパッチョ
b0165000_11133546.jpg

イチジクが旨い!生ハム
b0165000_11135595.jpg

夏の定番・焼野菜
b0165000_111477.jpg

イカも海老もプリップリのシーフードグリル

どれもハズシ無しの料理と共に
ビールとワインを飲んでいけば、もう暑さなんか忘れます。
で、アルコールでちょっと火照ってきたらその時は
先述のミッドタウン・ウォーターイベントへ。

酷暑の夜も やっぱりミッドタウンへ行くぞう!!!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-08-07 11:27 | 赤坂ディナー

ブタ注意報

とある夏の夜
気持ちよく飲んでいると足元には・・・
b0165000_822711.jpg

さらに
b0165000_8222625.jpg

わお!増殖

最近外飲みをしていると良く見かけるブーちゃん053.gif
「金鳥の夏・日本の夏」ですね。
で日本の夏といえば
b0165000_826982.jpg

(暗くてよく分かりませんね・・・カキ氷です。。。)
ちょっとフラッペ系の氷でアイスのせ。
行蔵、カキ氷は宇治金時(虎屋さんとか高級系の時)か
ジャンキーな時は苺シロップがお気に入り。
小ぶりなサイズが大人です。

そんな日本の夏を満喫の夜飲みスペースは
アークヒルズ裏手のRANDYさん
桜の時期には超人気店ですが、夏の夜もやってくれます。
カフェイメージも強いですが、結構遅くまでしっかり食べれます。
夏の疲れた身体には
b0165000_8291492.jpg

しっかり焼き夏野菜に
定番ハイボール
b0165000_8293291.jpg

昼間ついつい冷房の効いた部屋にいることも多いし寝る時も
タイマーで冷房なんてこの頃。
緑の多いランプの灯るテラス席でブーちゃんを愛でながら
カキ氷&軽くハイボール一杯いかがですか?
b0165000_830736.jpg


注意事項 テラスの端の席で煙をはかずに愛を囁いているブーちゃんは
     蚊取り線香ではなく行蔵の恐れ有り。
     そんな時はそっとしておいて下さいね。
 
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-08-04 08:55 | 赤坂ディナー

決意の和食~鯛めし~

先月のACTシアター赤坂大歌舞伎内で
数量限定販売されていた「鯛めし弁当」!
行蔵は芝居はねたら赤坂はしご予定だったので
横目に見ながら無念の購買見送り。。。

ということで今夜は「たい家」に行くぞう!

前菜は、香り豊かな松茸入りのおひたし・濃い目の山芋とろろ・・・に
笹に包まれたのは鯛の小鞠すし
b0165000_10503959.jpg


さらにお椀も松茸&ホワホワのしんじょう
行蔵2010初松茸。「香り松茸・味しめじ」なんてもいいますが
ちょい先取り感うれしいです。
b0165000_10552682.jpg


お造りには
b0165000_1057582.jpg

がっつり厚めの大間産まぐろ。
しっかり鮪の味&すーっと口溶け→至福だ~

さらに焼物は、牛肉とイサキ・肉と魚の相盛りに
たっぷりの蒸し野菜
b0165000_1111367.jpg


さらにさらに
b0165000_1121915.jpg
b0165000_1123825.jpg

b0165000_1125988.jpg

鯨のハリハリ煮~鯛と海老の揚げ物
~たっぷりもずく(連れはもずく苦手ながらこれはOK!とのこと)
と怒涛の進撃

そしてお待ちかね
b0165000_115721.jpg

代表作の「鯛めし」
こちらのコースでは丸の鯛でなく丁寧に骨をとりのぞき
身をほぐした形で出てきます。
見た目のインパクトと「鯛の鯛?」を見つける楽しみは
なくなりますが、ほぐし身の鯛めしはご飯との合わさり具合は
逆にベターかもしれません。
しっかり目の出汁で炊いた御飯は余分な水分も無く
鯛の旨みをぎっしり抱えてます。
がっつりコースの品々の最後の蒸篭はちょっと多目かなと
思ったけど、ぺろりといけるのが美味しさの表れかも。

最後には
b0165000_11124488.jpg

行蔵大好物でこれまた初物の梨!
シャキシャキ具合がたまりません。

行蔵記事も久々の写真9枚。
読んで頂いた方もお腹一杯でしょうが
少量多品あっさり軽めのコースはやりの昨今の和食の中で
久々の食べ応え&しっかり御飯〆。
力強い王道の和食コースです。
お供のハイボールもしっかり濃い目。

たい家会食、背筋を伸ばして心して臨め!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-08-03 11:21 | 赤坂ディナー

2010真夏の夜の夢 中華編

純白のワンピースと
たたんだ日傘がのぞく篭編み風のバック。
真昼の陽射しの火照りを残す
無造作に髪を上げた細い首筋。
7月の夕方、そんな女性とお食事なら、
イタリアン?フレンチ?寿司?
いやいやここは「お座敷中華・栄林」でしょう。

冷えた乾杯のビールには
10種の中から好きなものをちょっとずつ選べる前菜盛り
b0165000_10104551.jpg

バンバンジー・チャーシュー・茄子のド定番。
続いて
b0165000_1013473.jpg

豚バラ・茄子・胡瓜の薄切りあわせ。
ニンニクの効いたソースが絶品。
食欲も落ちる真夏の暑さでも、この前菜類ならバッチリ!

空芯菜の炒め物で野菜分も補填したところで
b0165000_10182956.jpg

定番、鳥の唐揚げもご覧の通り。石鍋で再加熱。
甘めのタレを絡めた鶏はもうむしゃぶりついちゃってください。
餃子もパンパンに膨れた餡たっぷりを熱々で提供。
b0165000_10212239.jpg

(一人前なんで皿上スカスカですが・・・)
〆の「栄林=」のスーラーター麺を汁まで飲みきった頃には
ビールとクーラーで涼んだ身体も今度は中から熱々!
ネオン煌く夕闇のみすじ通りをわたる夜風が2人を2軒目の
バーへいざないます。

(みすじ通りにて)
女A「行蔵さん、栄林さんって軽井沢にもあるんですね。」
行蔵「そうそう、夏の間の限定営業なんだ。
   そーだ、再来週あたり空いてたらゴルフ&軽井沢栄林どう?」
女A「じゃあ今度はさっき迷った冷やし麺頂こうかな。
   土日でしたら空いてますよ。」
行蔵「!!!」
と、妄想癖・行蔵の脳内マップは別として栄林さん軽井沢営業の
正確な情報はこちら

この夏。貴方はスーラーを赤坂で食べるか軽井沢で食べるか?

 
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-07-19 10:46 | 赤坂ディナー