赤坂ひよこ日記

ブログトップ

<   2010年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

雛祭り

もうすぐ雛祭り。段々のお雛様、暫く飾ってないなぁ、、、

一ツ木通りの陶香堂さんに立ち寄ると、かわいらしいお内裏様とお雛様が!
b0165000_18455542.jpg


こちらは、お箸置き。
b0165000_1846947.jpg

こちらは、桜の木のお箸。
b0165000_19235417.jpg


雛祭りは、ちらし寿司パーティをして、
これらの器とお花でテーブルコーディネートしたら
日本人女子度アップ071.gifしそう

桜柄のマグカップもありました、素敵016.gif
b0165000_1846288.jpg

オフィスで、マグカップに入った日本茶を飲むのに
ちょっと抵抗があったのですが、
でも、量をたくさん飲みたいし、マイカップは1つで済ませたいし。。。
このカップなら、紅茶、コーヒー、日本茶、どんなお茶でも
違和感なく美味しく頂けますね。

そうそう、
福槌さんの蛤寿司をお雛様の器に盛りつけたら素敵!
蛤寿司、これまた雛祭りの季節限定お寿司、美味しいんですよ〜

赤坂は、ほんとに素敵な街ですねぇ。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-02-28 00:35

雨夜の赤坂通り その2

って「その1」を見終わって怒らずに「その2」を見て
いただいているあなた、ありがとうございます。

こちらは赤坂たつむらさん
掛け軸通り、身体にも心にも優しく穏やかな和食をいただけます。

b0165000_12243373.jpg

キスのいい蒸し
上品なきすの味が御飯と蒸されて本当に柔らか。
菜の花が目にも舌にもいいアクセントです。

b0165000_12253595.jpg

たつむら名物・嶺岡豆腐
昔、千葉のみねおかという牧場があって牛乳が
将軍家に献上されていたことから牛乳をつかった料理を
「みねおか」というそうです。
なめらか&濃厚。サクラの器も素敵です。

新牛蒡と百合根のしんじょうを経て

b0165000_12305547.jpg

おつくりは ほうぼうと鮑
目の前で重ねの漆器が広げられると
嬉しさも2倍。

平目の若竹煮(ミル貝のソース仕立て)を経て

b0165000_12334333.jpg

シーズン終盤 多分今シーズン最後の
せいこ蟹
最後はキンキンの熱燗注いでくれて甲羅酒も楽しめます。

b0165000_12353799.jpg

三宝柑の器の中には
生の白魚と三宝柑
白魚と柑橘果実、これが驚くほど合います。

さらに
b0165000_12373688.jpg

豆乳の蒸し物
たっぷり雲丹と生海苔を豆乳の茶碗蒸しとかき混ぜて。。。
至福です。

〆にお釜で炊いた鯛めし
自家製デザートと続き、満腹満腹

お客様は他にも何組か入ってましたがまるで雪国の温泉場に
いるような静けさ。
漆喰の壁と昔ながらの電球色の照明が時間をゆっくり進ませます。
「気長心穏」
サカスの喧騒からほんの数十メートルのビルの2階にこの落ち着き。
赤坂はやっぱり奥深いな。。。

その1の展開、妄想癖の行蔵の戯言です。
「1Q84」張りの1部・2部構成。
くだらなくてスミマセン。。。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-02-27 12:49 | 赤坂ディナー

雨夜の赤坂通り その1

(2月某夜・赤坂サカスアトリウム前)
男:お待たせ~。
女:ううん、私も今ついたところ。
男:じゃ、行こうか
女:うん。あ、ちょっと待って折り畳み出さなきゃ。
男:あ、すぐそこだし。一本でも大丈夫かも。
女:じゃあ、行蔵さんの傘に入れてもらっちゃおう!

(とある雑居ビル前)
男:ここ、ここ。ここの2階。
女:え、いままでよく通ってたけど気づかなかった。
  行蔵さんってやっぱり大人の店よく知ってますね。
男:そんなことないよ。赤坂長いだけ。

(店内・2人用個室)
女:なんか落ち着きますね。
  今日は熱燗とかいっちゃおうかな~
男:じゃあちょっと辛口をお燗してもらおうか。
  心の声:でへへ~

とその時、はやる男の視線にはお店からのアドバイスが・・・ 

b0165000_12111272.jpg


その2へ続く
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-02-27 12:19 | 赤坂ディナー

必冊!赤坂 その七


「ヴィクトルは、暮れていく赤坂の街を眺めていた。右手に国際新赤坂ビルがそびえ立っている。ネオンが灯りはじめ、街が夜の化粧を始めた。
実際赤坂の街は、昼間は殺風景だ。化粧を落とした年増女のような風景だった。日が暮れると、ようやく少しばかり華やいだ雰囲気になってくる。
津久井興業が入居しているマンションの玄関が見える場所だった。」
b0165000_23263727.jpg

「曙光の街」今野敏著 文春文庫

ヴィクトルは日本人の父とソ連人の母を持つハーフの殺し屋。
ターゲットは赤坂に事務所を構えるヤクザの組長。
公安に流れた、暗殺者来日の情報。
やがて、事務所にも組長が狙われているの話が。
標的の周辺が警戒態勢にある中、ヴィクトルは依頼の通りターゲットを始末することが出来るのか・・・。

冒頭の部分はヴィクトルが組事務所の視察に来たところの描写。
彼は軍に入隊、そしてKGB(旧ソ連の国家保安委員会、情報機関、秘密警察)へ。
やがてKGBの解体時に派閥争いに負けて失職した。
今回の依頼の遂行ため、彼が戦場で、職場で培ってきたかつての感を取り戻しながら、生き生きとしていき、暗殺者然となっていくところがおもしろい。
ついでだが、「文春文庫」の「いい男35冊♂」の中で「敵にしたくないいい男♂」の一人にヴィクトルは選ばれている。

迎え撃つ側の、組事務所の懐刀、兵藤猛もすごい。もとプロ野球選手。
「兵藤は、昔ながらの極道のスタイルを守り通していた。髪は短く刈ってある。黒いスーツにノーネクタイだ。シャツの襟は広く開け、太い金のネックレスをのぞかせている。(中略)極道は極道らしい恰好をしているのが、世の中のためだと、兵藤は思っている。一目で極道とわかるから、堅気の連中が慎重に対応にするのだ。要するに棲み分けの論理だ。」
なるほど、勉強になりました。

さて、作者の今野敏、赤坂・金松堂さん曰く「最近よく売れてますよ」。
TBSのドラマ「ハンチョウ 神南署安積班」の原作「神南署安積班」はハルキ文庫からどうぞ。

次回の必冊もハーフの暗殺者が赤坂を徘徊する。
赤坂ってそんな街かなあ・・・。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-02-26 23:39 | 赤坂番外編

カウントダウン!

赤坂の企業、ホッピービバレッジ株式会社さんが
3月6日で100周年を迎えるそうです。

ホッピーさんのHPに面白いブログ発見!
『ありがとうカウントダウン』

赤坂の店主さん、従業員さんもちらほらお見かけします。


「赤坂地ビール」もホッピービバレッジ(株)で作っています068.gif
まだお試しになってない方はぜひ!

b0165000_13481730.jpg

赤坂にお勤めの女性の皆様、
上の画像の中央に並んでいるピンク(ルビー)色のビール「赤坂ルビンロート」を飲んでみて!

ビールはちょっと苦くて…という方でも楽しめるかも。
色がかわいくって。ビール自体の色が、今どきの“フューシャピンク”ですよ053.gif
紫いもの天然色素なんです。おしゃれで尚かつ、健康にも配慮してるでしょ。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-02-24 13:51 | 赤坂の企業

必冊!赤坂 その六


「ため息をつくと、アレックスは背中を丸めてドラムバックを胸に抱え、赤坂通りを歩き始めた。
片側一車線の狭い車道沿いに大小の雑居ビルが建ち並んでいる。この辺りは政財界のVIPや各国大使館の国賓用御用達の高級料亭・クラブなどが多く、夜になると黒塗りの車が通りのあちこちに乗り付けられる。しかし、ランチタイムの今はスーツ姿のサラリーマンや財布とハンカチを手にしたOL、さらに通りの裏手にあるテレビ局のスタッフらしい、ジーンズやチノパンにスニーカー、首からIDカードをぶら下げるというスタイルの男たちが歩道を行き来していた。」
b0165000_2340274.jpg

「インディゴの夜 ホワイトクロウ」加藤実秋著 創元推理文庫

現在、お昼の13:30よりフジテレビ系列で放送されている「インディゴの夜」
その原作本の第三集「インディゴの夜 ホワイトクロウ」の中の一編「ラスカル3」という話に赤坂が登場する。

インディゴとは「クラブみたいなハコで、DJやダンサーみたいな男の子が接客してくれるホストクラブがあればいいのに」そんな一言から生まれた、渋谷のホストクラブ。
そこで働くホスト達が繋る事件を解決していく。

この話の主人公アレックスもclub indigoのホストの一人。
「身長百九十二センチ、体重百十キロの体は鍛え上げられ、XXXLサイズのネルシャツはは胸と二の腕が窮屈しそうだ。一目で外人の血が入っているとわかる彫りの深い整った顔立ちだが、顎が割れ、張り出した額の下の目は常に強い光を放っている。」
彼は赤坂五丁目交番近くにあるボクシングジムに通っている。
そのジムの会長が、バカラ賭博で負けこみ、賭博を仕切っているヤクザに拉致監禁されてしまった。
「明日午後七時までに一千万、耳を揃えて持ってこい」
はたして、アレックスとジムの仲間は無事に会長を救い出すことができるのか・・・。

彼らは会長か監禁されている事務所かあるマンションへ向かう。
「午後四時過ぎ、すべての準備を終えると三人は車に乗り込み薬研坂に向かった。
名前の通り、赤坂という街には坂が多い。丹後坂、三分坂、新坂、氷川坂等々大小の坂がある。その中の一つ薬研坂は長く広い坂道で、東側一帯は大規模な再開発の工事で殺伐とした雰囲気だが、西側には寺と大使館、低層の高級マンションがひっそりと建ち並んでいる。目指すマンションは、坂を半分登ったところにあった。」

普通の人ならさらっと読んでしまう上の箇所も、この作者「赤坂」を調べているなと思わせる。
この本この二月に文庫になったばかり。

今回のアレックス君、テレビでは深水元基が演じている。
また、四月下旬より「インディゴの夜」は舞台でも上演され当人が演じる。

次回は赤坂お膝元TBS目下放送中の刑事ドラマ、その原作者の作品。
これはノワールな赤坂。紹介していいのかな?。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-02-19 23:50 | 赤坂番外編

勝手に赤坂検定 地理・歴史編

設問:次の店(ホテル)に共通する事柄を答えなさい。

①グランベルホテル
②パセラ
③セブンイレブン
④黒座暁楼
⑤ゼックス
⑥一蔵
⑦たけがみ

②で分かったあなた→上級です
④で分かったあなた→中級です
⑦で分かったあなた→初級です
(ってあくまで行蔵勝手に赤坂検定ですが・・・)

で今日のランチは
b0165000_10522472.jpg

⑦のたけがみさん
大切な方との落ち着いた昼食に好適です。
昼の「たけがみ御膳」を頂きましたが
b0165000_10573741.jpg

いいだこの柔らか煮
写真遠いですが、卵?の一杯詰まったタコ絶品です。
b0165000_10594276.jpg

謎のツボ?
b0165000_1101115.jpg

実はウグイス豆の餡のかかった茶碗蒸し
海老の食感&柚子の香りがいいアクセント。
b0165000_1115463.jpg

おつくりは鮪の炙り
派手さはないけどしっかり味わえます。
b0165000_113856.jpg
b0165000_1132563.jpg

八寸~白子豆腐と続いて
b0165000_1141667.jpg

〆はおそば
冷たい・温かい・御飯から選べますが最近寒いので
七味をたっぷり入れてかけそば、ふーふー。
デザートもついて約1時間半、静かに時間は過ぎていきました。
接客のお姉さんも温まる笑顔で◎。
正直、お蕎麦だけみると蕎麦の激戦地・赤坂では普通と思いますが
トータルで安心して使える接待対応の店です。

で、赤坂検定の答え。
たけがみさんのHPや写真を見てもうお気づきですね。
①千代新②大乃③川崎④中川⑤若林⑥冨士林⑦田川
赤坂の街を彩ったかつての名料亭の跡地です。
行蔵も人生初の料亭は現たけがみの「田川」さん。
緊張してガチガチで靴を脱いだ料亭の玄関は、
かつての佇まいを残しながら靴のまま上がれるお蕎麦屋さんに。
知ったひとの家に土足上がるようでちょっと感じる違和感は
いまだぬぐえませんが、やっぱり素敵な佇まいを残してくれて
たけがみさんありがとうです。

怒涛の長編、ランチ報告。
最後までお付合いありがとうございました。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-02-18 11:20 | 赤坂ランチ

必冊!赤坂 国民読書年

今年、「2010年」は国民読書年。
b0165000_2347389.jpg

キャッチフレーズは「じゃあ、読もう。」
読書といっても今年は本格的に電子書籍、つまりネット上で、ネットから活字を追うことが普及していきそうだ。

b0165000_23472960.jpg

ポスターの少年が読んでる本は、よしもとよしとも著、
特別書き下ろし「見張り塔からずっと(オリジナル・バージョン)」
よしもと よしとも? ムムム・・・。
知ってる人いるかな。

「見張り塔からずっと」って、あのディランの・・・。
知ってる人、聞いたことある人いるかな。

〝楽〟の読書は通勤電車の行き帰りのそれぞれ20分。計40分。平日のみ。
昔から読む速さは遅いほうだから、そんなに本は読んでいない。
なんだ、けれども、「必冊!赤坂」再開である。

今回はなんだか、怪しい、赤坂。
ミステリー、サスペンスを中心に五冊ほど紹介予定。

次回手始めの「必冊!赤坂 その六」は、現在フジテレビ系で放送中昼ドラの原作から。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-02-16 23:56 | 赤坂番外編

バレンタイン

昨日は、バレンタインデー
今年もいくつかチョコレートをいただきましたが (笑)
草加生まれの、草加出身の僕には、 これが一番!!

b0165000_21461126.jpg


ハートのおかき  ぅおーすげー


   竹下 チカイチ
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-02-15 21:14 | 赤坂の和菓子

実演販売 手もみ茶

明日、2月16日(火)10:00〜16:00

一ツ木通りの赤坂銘茶 土橋園さんで

静岡県掛川市の手もみ茶、実演販売があります。
b0165000_14153547.jpg

こちらのお茶、ぜひお試しください。

手でもんだお茶の味のやさしいことといったら…056.gif

職人さんたちの手仕事は、機械で作ったものとは、やっぱり違います。

有機野菜の直売も同時開催です。

2月15日(月)~19日(金)10:00〜18:30は、
決算大売出しセール
 だそうです。


赤坂銘茶 土橋園さん、明治25(1892)年創業の老舗。

お店がとっても広くてゆったりしてます。

奥には茶器や急須が各種、焼海苔も中国茶も。

普段は、お茶を購入しに伺うとお店の方が、美味しいお茶をいれてくださいます。

お抹茶や日本茶を飲める御休み処、広くなりました。

“カフェでコーヒー”を、“土橋園でお茶!”にしてみてはいかがでしょうか。

b0165000_19542991.jpg

[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-02-15 14:34 | 赤坂の出来事