「ほっ」と。キャンペーン

赤坂ひよこ日記

ブログトップ

<   2010年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

美しすぎる・・・

福山雅治さんの竜馬が美しすぎるといわれている大河ドラマも
竜馬の土佐脱藩で一部終了。次週からは赤坂縁りの勝海舟登場
の二部スタートです。
(と言いつつ行蔵はたまたま昨日の放送を見ただけですが。。。)

で竜馬といえば・・・
b0165000_9123255.jpg

こちら司馬遼太郎さんのサインだそうです。
なんで赤坂ひよこ日記登場かというと
b0165000_924115.jpg

目を凝らして見ていただくと・・・
じゃーん!「今夜も津やまさん」の文字。
一時、日経新聞の朝刊2面には週に3日位名前の出ていた
名店「津やま」さんにお邪魔してきました。
当日も純ちゃんは静かにカウンターで一人飯中。
行蔵はお邪魔をしないように2階へ。。。

で、肝心のお料理は
b0165000_1002291.jpg

メニューが出る前、乾杯のお供に出たのが
こごみの胡麻和え・鯛の南蛮漬け・鯛の飯蒸。
飯蒸は飲む前にちょっとお腹に入れておくと良いそうで。
南蛮漬けは淡白な鯛にうっすら衣が一層魚の旨みを際立てます。

酒肴やお造り~牛ヒレやエビフライまでお好みで選ぶのが通の
大人っぽいのですが、今日は二階のお部屋だったしお任せで。

お碗は
b0165000_10105271.jpg

たっぷりの独活の千切りと筍のシャキシャキ食感が絶品。
結構しっかり目のお出汁との相性バッチリです。
お造りは
b0165000_10145164.jpg

旬を先取り、鰹のたたきに2キレの鮪。
行蔵、どちらかというと戻りカツオ派ですがやっぱり初物は
嬉しい。おまけに控え目ながら鮪おいしい~。
b0165000_10174675.jpg

九州から朝掘り空輸の筍は器の蓋をとると本当にいい香り。
ちょっとあしらわれた蕗がまたいい香り&シャキシャキの食感。
揚げ出しということですが油は感じず優しい味。海苔の香りの
アクセントが一段と筍を引き立てます。
選べる焼き物は
b0165000_1023933.jpg

しっかり焼きの入った甘鯛をチョイス。路地に炭火出して焼いてる
姿が津やまさん名物でもありますが、このしっかりした焼きが
甘鯛の旨みと甘みをがっちり引き出してます。
で、いいペースで熱燗がすすんでいた行蔵はここでお任せ以外の
キンピラと鮒寿司を追加。
b0165000_102858100.jpg

太目のキンピラは食感も甘みもしっかり。
そして鮒寿司は不思議な甘みがまるでブランデー漬けのフルーツのよう。
当然、ブランデーっぽくても元来お米製。この2品で熱燗2本いけます。

そして〆はもちろん鯛茶!
b0165000_10332515.jpg

しっかり濃厚の胡麻だれ和えの鯛を、まずはつまみに熱燗一杯。
続いて白飯にのせてお茶をかけずに二、三口。
そしてしっかりお茶をかけて
b0165000_10354473.jpg

濃い目のタレがお茶と白飯と合わさると絶妙の塩梅に・・・
いやぁ本当に美味しいです。

以前ご紹介の「阿部」さんで「日本の正しい食事」とのフレーズが
ありました。行蔵、これを掲げて「頑張ってる」阿部さんの姿勢に共感し
とても感服をしました。
しかし、フレーズも掲げず気負うことなく街の小料理屋のような佇まいから
この料理を出す津やまさんには、赤坂の大人の底深さと凄みを感じます。
なんかこの、力の入っていないようなすごい実力。
敢えて日本料理の名店と呼びたくない、美しすぎる小料理屋です。
(津やまさん、生意気言ってごめんなさい)
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-03-29 10:58 | 赤坂ディナー

サンキューランチ

先日、遅ればせながら初見参したシュマンさん。
あまりの心地の良さにお世話になっている方との
ランチミーティングで再訪問。

プリフィックスのコースで前菜1品+メイン(肉か魚)1品+デザート・コーヒーで2900円と
前菜2品+以下同様で3900円(サンキュー)、さらにお任せコースあり。

前菜一品目は
b0165000_957217.jpg

がスプーンでホジホジすると・・・
b0165000_1085098.jpg

「にんじんのムース&コンソメジュレ&雲丹」
行蔵、フレンチ&イタリアンはやっぱり前菜好き。
特に「ジュレ」の響きとそのキラキラ感に弱いんです。
昭和な日本の家庭に育った行蔵にはテリーヌや
カクテルグラスの前菜はそれだけで特別感アリアリ。
もちろん味も間違いなし。
ここの野菜と魚介の合わせ方には顔がほころびます。

で二品目は敢えて肉ものチョイス。
b0165000_10142336.jpg

「青森牛の内臓系色々」
野菜と合わせた上品一口サイズのタンや腎臓・・・
内臓独特のシコシコ食感の後に、あっさりなのにしっかりの
肉の旨みがジュジュジュワーッと広がります。

メインは真鯛をチョイス。
b0165000_10243151.jpg

程よく締まった身を噛み締めた時に滲み出る味と
パリパリカリカリに焼き上がった皮の香ばしさ。
塩焼き魚好きの行蔵も大満足です。

デザートはシュークリーム。
b0165000_1029376.jpg

先日のボタニカのバナナシェイクもそうですが
昔から食べてたおやつが大人仕様にブラッシュアップ
してるのは行蔵世代にはとっても嬉しい。
しばし童心に帰ります。

ゆったり楽しみすぎて時間を忘れ気がつけば次のアポ間近!!!
一面ガラス張りの店内に注ぎ込む陽光と、
ガラス越しに見える満開のコブシをバタバタしてて撮り忘れ
お伝えできないのが残念ですが、これからの時期にサンルームの
ようなこの環境は、ランチの魅力度150%増し。
商談や諸諸の打合せもプラスに進むこと請け合い。
ランチとしてはしっかりなお値段ですが夜の会食からすれば
大分サンキューなコスパ。
ただ居心地の良さに次のアポに遅れないよう要注意です!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-03-27 10:45 | 赤坂ランチ

必冊!赤坂 その九(下)

b0165000_23322471.jpg
前回の書き抜いた箇所、

「およそ、一年半前、二・ニ六事件の折に反乱軍を指揮した将校たちが集結した料亭『幸楽』は、不気味なほど静まりかえって黄昏の薄明かりの中に沈んでいる。」

その料亭「幸楽」は現在の外堀通りに面しているプルデンシャルタワ-の場所にあった。
「幸楽」は大戦末期、撃墜されたB29戦略爆撃機の落下に伴い、全焼消失した。
その跡地は後に、ホテルの大火災でも有名になったホテルニュージャパンとなり、現在の超高層ビルに至っている。

また、反乱軍が拠点としていたもうひとつの場所、「山王ホテル」は現在山王パークタワーとなっている。
b0165000_23504990.jpg


二・ニ六事件の関係箇所は赤坂と関係が深い場所が多い。
TBS東京ミッドタウンもそうなんだなあ。
これも、いずれ書くことになる、かな?。

「夢顔さんによろしく」は今年に入って〝楽〟が初めて読んだ長編だが、
作者の語り口、記述のうまさで長さを感じさせなかった。
あとがきで著者は語っている。

「四半世紀以上もの昔、トルーマン・カポーティ『冷血』を読んで、ドキュメンタリー・ノヴェルというものの存在を知った。物書きになって二十年。ひたすらドキュメンタリー・ノヴェルの可能性にかけて仕事をしてきた非才な筆者の、これは現時点におけるひとつの到達点となるだろう。」

当著書は2000年に柴田錬三郎賞を受賞している。
劇団四季「昭和の歴史三部作」の一つ、ミュージカル「異国の丘」の原作、ベースとなった書でもある。


次回は「愛する赤坂」。
あなたは赤坂を愛していますか?。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-03-26 23:36 | 赤坂番外編

アスパラ第2弾&バナナシェイク!

行蔵大好きホワイトアスパラ
第2弾はこちら
b0165000_830335.jpg

シャッキシャキのアスパラの食感に今回合わされたのは
蛍烏賊。そして今や王道の半熟卵も隠れてます。
メニュー見ている時は
「サラダ仕立てでなくてそのままがいいな。」
と相変わらずの固定観念・行蔵でしたが食べてみると
今回もびっくりな魚介との相性!
独特の蛍烏賊の磯臭さがあっさりシャッキリのアスパラにぴったり。
フレンチ、イタリアンのお店での出会いですが、ホワイトアスパラが
しっかり日本に浸透してきた証なんだろうなと実感。
そうそうお店はご存知ボタニカ。もう少しするとテラスも開放され
晴れの日は赤坂眺望ランチに最高です。

プリフィックスの二皿目には
b0165000_8422121.jpg

キレーイな色の生うにをのせたパスタ。
パスタに絡めて頂くと至福の広がり。
メインは豚をチョイス
b0165000_8431894.jpg

見た目「濃そ~」なんですがこれがいい感じで脂も落ち
ソースも重くなくてとっても食べやすい。

でデザートが
b0165000_8501787.jpg

バナナシェイク!だシェキナベイビー!
「バナナシェイク=マックの期間限定まっ黄い黄いなやつ」
な回路始動の行蔵の前には大分イメージから異なった一皿。
ライスクリスピーがいいアクセントになった大人の味。

アスパラといいバナナシェイクといい、いい意味で予想を覆す
ボタニカ。お店の人の対応もかなりフレンドリーな眼差しだけど
決して不用意な「いつもどうも」なことを言わない距離感。
やはり恐るべし平松です。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-03-25 09:04 | 赤坂ランチ

赤坂 桜の開花

22日(日)靖国神社にある桜が開花と発表されたので…
赤坂でも桜咲いてないかなぁ、、、と、赤坂の街を散策中〜

陶香堂さんで、お花見して参りました!

b0165000_18275899.jpg


b0165000_182953.jpg


b0165000_1834132.jpg


b0165000_18373842.jpg


b0165000_1839310.jpg


b0165000_18422152.jpg


どうですか? 桜、満喫していただけましたか。

こんな素敵な器たちに季節の料理を盛って、日本酒やワインを注いで。

日本の春!“お花見”ですね〜。



b0165000_19213813.jpgおまけ

本日、赤坂ミッドタウンの
リッツカールトンで行われた
試飲会でお値段もお手頃で、
美味しいと思ったワイン。
(最初に試飲したからかなぁ。。。)

シャトー・デ・クロ・ルージュ
¥1,890
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-03-24 18:49 | 赤坂のお店

檸檬

今朝
グリーンバード赤坂の企画、ゴミ拾いに参加した私、ぶるーの!

ゴミを拾っていたら
こんな物を発見!
赤坂のど真中に
檸檬の実が!!!

b0165000_929325.jpg


行蔵さんのマネですが

勝手に赤坂検定!!!中級

さて、
この檸檬の実がなっている場所は何処でしょうか???


ヒント
グリーンバード赤坂 集合場所からウルトラマン方面へ!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-03-23 09:36 | 赤坂の出来事

正しい日本の食事

b0165000_9145399.jpg

照明の色がついていますが実物は真っ白。
行蔵には鹿児島名物のカルカンのように見えたのですが
十字に入った裂け目にそって開けてみると・・・
b0165000_9183388.jpg

この香りは。。。時節柄、桜餅!
ではなくて
b0165000_919372.jpg

「庄内牛とと筍の塩釜焼き」なのだ~
と、こんな洒落た演出をするのは
他ならぬ阿部さん
(なんかアベって名前だと「アベチャン」と呼んでしまう行蔵ですが
ここは敬意を表して「阿部さん」で)

でも強肴的に出たこちらより行蔵の心を打ったのは
b0165000_9291797.jpg

ゼリー!デザート!(って流れ的にバレてますが・・・)
こちらは先付の「春野菜のお浸し」
お出汁のジュレの中には一杯の山菜&春野菜
そして旬の蛍烏賊!グラスの底には木の芽味噌。
これをぐちゃぐちゃにして頂きま~す。

さらに
b0165000_9364134.jpg

お碗は「アイナメ」
上品なふんわりアイナメ白身の下には若布豆腐。
手の込んだ具もさることながらやっぱり
きっちり出汁の利いたすまし汁はいつ頂いてもほんのり優しい。。。

b0165000_941140.jpg

b0165000_9413030.jpg

おつくり~焼き物「真鯛のポワレ」~先ほどの庄内牛と続き
b0165000_9432312.jpg

「穴子友禅押し寿司」
行蔵の写真のせいで伝わりませんが、
見た目に春を感じさせます。穴子はあえて御飯の間に控え目に。
友禅なんて名前も脳に響きます。

最後は
b0165000_9461363.jpg

行蔵の大好きなラムレーズンアイス&パウンドケーキ(イチジク)
ラムレーズンびっしり&しっかりお酒の利いたアイスは行蔵どストライク

こちらの阿部さんはアートディレクターの水野学さんが雰囲気作りを
監修していますがコンセプトに「正しい日本の食事」を掲げています。
b0165000_9495196.jpg

片口で熱燗を出したり、みんなで食卓を囲む大切さを訴えつつも個室優先の
空間など演出の細部においては賛否両論あるかもしれませんが、
楽しくお洒落に工夫に満ちた美味しいものをいただける阿部さん。
ありがとうございますです。

&この料理で「阿部ちゃん」と呼べる雰囲気のカウンターの店を
もう一軒赤坂に出してくれたらいいな。
と勝手に思いをめぐらす行蔵でした。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-03-18 09:57 | 赤坂ディナー

新店舗情報!

3月1日に書いた
パチンコ屋さん閉店情報!

今朝
解体?の為、足場を作っている方に
突撃インタビュー!!!

b0165000_13202824.jpg


ぶるーの

「次、何になるんですか???」

現場の方

「確か
 コンビニとカラオケと聞いてたな~~~~」

て、事で

パチンコの次は
コンビニとカラオケらしいで~~~す!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-03-18 08:16 | 赤坂の街並み

祝開店

春は「ハル」。

地中から出る植物の芽によって地面が「張る」ことから
「張る」→「ハル」→「春」になったとかならないとか。。。
(「ハル」から赤坂の伝説の名店・ニューはる」のはるママを
 思い浮かべたあなた!勝手に赤坂検定、超上級者です。)

で春にスタートのお店が一軒。
b0165000_16153791.jpg

開店祝いのお花って周りもウキウキさせますよね。
お酒も「開運」

b0165000_16392675.jpg
 
バックバーの棚にはこんな開運グッズも。

ここはミッドタウンから赤坂通りにでる秘密の小路の隠れ家バーが
和風に新装開店したバー。
以前はハードリカーやカクテルなど洋酒中心でしたが、
新店は日本酒・焼酎の品揃えを充実し、和の酒肴や御飯に味噌汁も
ご用意されるとのこと。

知ってる人&そのつながりを中心に大切にお店をやっていきたいとの
店主の意向もあるそうなので、
どこのバーがこちらになったかは以下のヒントからご推察を。

ヒント①バックバーをもうワンショット
(行蔵はこのバックバーの照明の色合いが特徴と思ってます)
b0165000_177839.jpg


ヒント②「101」
ダルメシアンか!?
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-03-17 17:12 | 赤坂ディナー

ビールな夜は

赤坂に来たお客様に
「何にします?」と聞いたら
「ビール飲めればなんでも~」ってなわけで
ビール=ドイツ&ソーセージな昭和な発想の行蔵は
(ビール=餃子と双璧ですが)
b0165000_94298.jpg

日本のピルスナーより味わい深め。
苦味少なく飲み口柔らか

b0165000_9104183.jpg

茹で!(食べる時は皮を剥くのが本場流とのこと)
甘いソースをつけて。

b0165000_9105992.jpg

焼き!
写真行く前についナイフ入れちゃってますが・・・

茹で・焼き共に一般的なソーセージより食感柔らか。
ガッツリ・ぷりぷり系ではない上品な味です。

そうそうお店は赤坂通りの中程のこちら
カタカナ系の名前に弱い行蔵にさらにドイツ名は再現不可能・・・

b0165000_918276.jpg

芽キャベツやヤングコーンがアクセントの温野菜サラダ
野菜が美味しいと嬉しいこの頃。

b0165000_9193296.jpg

ドイツ風のラビオリ
モチモチ食感で水餃子風。

b0165000_9215993.jpg

麦芽4倍の黒タイプ

本当はアイスバインとかもいきたかったんだけど
ビール樽みたいになっちゃってもいけないので泣く泣く見送り。
全体的に上品かつソフトなドイツ料理と手作り&素朴な店内が
とても落ち着きます。
b0165000_9281568.jpg


さぁこれから春本番!
真夏の日本ビアガーデン系ビールの前に
まずはドイツ系お勧めです。

ではでは
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-03-17 09:30 | 赤坂ディナー