赤坂ひよこ日記

ブログトップ

<   2010年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ミッドタウンの夜空では・・・

b0165000_13105919.jpg

b0165000_1312299.jpg

何万光年先のカーニバルのような大星雲?

と思っていると巨大な光がマザーシップの如く出現
夏ワンピの赤坂ママも思わず立ち上がり・・・
b0165000_13161537.jpg


幻想的な光に吸い寄せられ乱舞する人々・・・
b0165000_13134644.jpg

b0165000_1314869.jpg


スターウォーズやスピルバーグで育った
アラフォーおやじにはどうしてもSF的発想に写るこの光景は
東京ミッドタウンのウォーターイベント
夏休みいっぱいまで開催中。
子供達は最前列でびしょ濡れ。帰り大丈夫かな?
セーフティーゾーンにいたはずのカップルにも風向き次第で降り注ぐ水滴。
結構しっかり濡らしてくれます。

日本人てやっぱり祭り好き!ラテン系!
色々難しいストーリーや理屈より 夏は水!夜は光!
気がつけばスーツの行蔵も大人気ない濡れ方。
ミッドタウンさん、本能を揺さぶる好企画ありがとう。

大星雲ならぬネオンの赤坂に向う道すがらに
受ける夜風が心地よいのだ~。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-07-30 13:33 | 赤坂の出来事

2010真夏の夜の夢 中華編

純白のワンピースと
たたんだ日傘がのぞく篭編み風のバック。
真昼の陽射しの火照りを残す
無造作に髪を上げた細い首筋。
7月の夕方、そんな女性とお食事なら、
イタリアン?フレンチ?寿司?
いやいやここは「お座敷中華・栄林」でしょう。

冷えた乾杯のビールには
10種の中から好きなものをちょっとずつ選べる前菜盛り
b0165000_10104551.jpg

バンバンジー・チャーシュー・茄子のド定番。
続いて
b0165000_1013473.jpg

豚バラ・茄子・胡瓜の薄切りあわせ。
ニンニクの効いたソースが絶品。
食欲も落ちる真夏の暑さでも、この前菜類ならバッチリ!

空芯菜の炒め物で野菜分も補填したところで
b0165000_10182956.jpg

定番、鳥の唐揚げもご覧の通り。石鍋で再加熱。
甘めのタレを絡めた鶏はもうむしゃぶりついちゃってください。
餃子もパンパンに膨れた餡たっぷりを熱々で提供。
b0165000_10212239.jpg

(一人前なんで皿上スカスカですが・・・)
〆の「栄林=」のスーラーター麺を汁まで飲みきった頃には
ビールとクーラーで涼んだ身体も今度は中から熱々!
ネオン煌く夕闇のみすじ通りをわたる夜風が2人を2軒目の
バーへいざないます。

(みすじ通りにて)
女A「行蔵さん、栄林さんって軽井沢にもあるんですね。」
行蔵「そうそう、夏の間の限定営業なんだ。
   そーだ、再来週あたり空いてたらゴルフ&軽井沢栄林どう?」
女A「じゃあ今度はさっき迷った冷やし麺頂こうかな。
   土日でしたら空いてますよ。」
行蔵「!!!」
と、妄想癖・行蔵の脳内マップは別として栄林さん軽井沢営業の
正確な情報はこちら

この夏。貴方はスーラーを赤坂で食べるか軽井沢で食べるか?

 
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-07-19 10:46 | 赤坂ディナー

カジュアルラバー

立ち呑み、魚河岸風、たこ焼きバー・・・
赤坂にも安呑み系が増えてますが
赤坂らしく気軽呑みといえばやはりビストロ
ということで
b0165000_901925.jpg

メニュー光っちゃってすみません
b0165000_914329.jpg

こんな内装で営業中なのが
ワインラバースクラブさんemoticon-0152-heart.gif。プルデンシャルタワーの奥です。

ビストロ風ワインダイニングとはいえ料理は
b0165000_984435.jpg

鰯のマリネ
b0165000_99617.jpg

変わり寿司
としっかり和食もチョイス可能。
それもそのはず、こちらは「なだ万」さん経営のワインバー。
ちょっと前までコース主体の「ジパング」でしたが、
よりカジュアルに再登場。
当日も隣では6人組みアラフォー女子会?中。
いい感じでワインを空けておられました。
でワインダイニングらしくこんな洋風メニューも
b0165000_9202127.jpg

(フォワグラのクレームブリュレ)
フォワグラの味が弱くてちょい微妙でしたが・・・

先日の璃宮さんもそうですが
「安く」でないけど「本物を使い勝手よく」利用できるカジュアル
ダイニング。
赤坂の大人ラバーズには好適ですね。えへへ。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-07-16 10:52 | 赤坂ディナー

梅雨明けしても紫陽花は・・・

チカイチさんの日記にもありましたが
赤坂もすっかり夏!
週末には関東も梅雨明けのようですが・・・

行蔵この梅雨の〆は
b0165000_8414192.jpg

こちらのもずく雑炊!
ちょこっともみじおろしが効いたさっぱり味。
上品な出汁にさらさらと喉越しよく下処理されたもずくが絶妙。
梅雨の終わりと夏本番の到来を感じます。

で時を戻して、本日のお店では・・・
b0165000_8461270.jpg

湯葉や、もろキュウの涼しげなつきだし。
傍らの桜桃に季節感と、この店のヒントが・・・
b0165000_8463235.jpg

アジやトロにもここの大将の前職が見え隠れ
b0165000_8515040.jpg

山形産・特大生マッシュルームのサラダ。
ごま油を効かせたドレッシングはこれまた大将の自慢。

で勝手に赤坂検定でないので、店名を明かすと、赤坂あじさいさん。
山形出身の大将の食材のこだわりが随所に。
そしてこの大将、元はかつて赤坂にあった有名なお寿司屋「穂寿美」さん
の職人さん。穂寿美さんの後、日本料理店で修業の後、赤坂に自店を
開かれました。
アジの〆かたや鮪の目利きには寿司職人のベースが冴えてます。
そんな大将ですが、とにかく気さく。
個室でしっぽりも対応可ですが、カウンターで大将と話しながらも
あじさいさんの魅力かも。前述のお造りやサラダを褒めると
「食材も吟味してるけど、俺の腕も褒めてよ~。」
とテレながら腕を叩きます。他愛も無いやり取りと共に料理は進み
b0165000_9112596.jpg

炊き合わせ。オクラと豚バラが合います。
b0165000_9114043.jpg

鮎。結構大き目ながらしっかり火が入ってるので骨ごといけます。
で冒頭のもずく雑炊。

紫陽花の季節が終わっても、あじさいさんは明るく開店中。
次は山形牛食べに行くぞう!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-07-15 09:19 | 赤坂ディナー

夏の声

外堀通り近くの 日枝神社の鳥居の写真ですが

聞こえますか? 今年初めての ニイニイセミが鳴いています

夏本番は、 もうすぐです。。。

嗚呼、蕎麦食いてぇ。。。


b0165000_16444168.jpg

[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-07-14 16:39

梅雨の終わりのイリュージョン

黒服のマジシャンの手元に謎の発光体。

b0165000_8454937.jpg


そこから浮かび上がるのは・・・
ってここ急激に扱いが増えてるのでネタバレですが
ダーン!

b0165000_848550.jpg

アサヒスーパードライのエクストラコールド。
日本のビールは冷やしすぎとか、味わいが、、、とかごたくは不要!
ムシムシ蒸し暑い日本の夏には冷えたビール!
それもエクストラコールド。

ただ、これが普通のバーなら日記には書きません。
b0165000_8513945.jpg

彩り豊かなピクルス。これだけでは普通のバーメニュー
b0165000_8535289.jpg

この照りは・・・ 
b0165000_8544279.jpg

こちらは具にしっかりついた味付けでタレをつけずに。

野菜の甘酢・絶品チャーシュー・春巻と共に
エクストラコールドを頂くのは以前ランチでご紹介の赤坂璃宮さん

通常、コース主体の王道中華の璃宮さんがエントランス横に設けた
エクストラコールドバー。リーズナブルな値段でビールに合う単品が
オーダーできます。
お勧めセレクトメニューはビール好きチョイスの中華タパスですが、
(ひよこ日記の裏情報)支配人いわくフード・ドリンク共にグランドメニュー
なんでもオーダーOKだそうです(もちろん払いは通常料金ですが)

冷えたビール飲みながらちょこっと絶品中華。
こんな至福の場こそイリュージョンかも。
まずは8月末までの期間限定。
真夏の夜はエクストラコールドに中華で行くぞう!!!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-07-14 09:21 | 赤坂ディナー

お掃除

今年初めて
車庫から山車を出し

赤坂氷川山車のお掃除しました!

b0165000_16501448.jpg


人数が多く集まったので
予定より早く終了!

皆様良い笑顔でした!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-07-10 17:30 | 赤坂の出来事

夏サカス

昨日からサカスが工事中!

b0165000_11341857.jpg


今年の夏サカスは

お化け屋敷
だそうです!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-07-06 11:36 | 赤坂の出来事

必冊!赤坂 グリーンバード赤坂チーム


『後輩とともに社内外の有志が参加する「グリーンバード赤坂チーム」もはじめた。以前は社内でそんなことを言うのはほんの一部の先輩だけであり、「面白い奴」扱いされるのが嫌だったが、今では堂々と「社会のために」と言える。「社会に貢献したい」といって入社してくる後輩も増えてきた。それは、コミュニケーションの力で社会をより良くできる余地はたくさんある、あるいは、広告と社会貢献がほとんどイコールの関係になっていると、改めて認識されはじめたからではないか。』

横尾俊成 文 「広告」7月号(2010年6月15日発行)
「広告の新しい役割って何だろう? 01 社会のためになる」より


b0165000_23273360.jpg〝楽〟や「ひよこ」のメンバーもちらほらと時々参加している「グリーンバード赤坂チーム」

green birdとは、「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生した原宿表参道発信のプロジェクト。』

その赤坂チームのリーダーが博報堂の横尾君だ。
彼は博報堂が発行している季刊誌「広告」の編集委員でもある。


毎度の「金松堂」さん行くと、入口に「広告」の大きな広告ポスターが貼ってあり、先日のグリーンバードの活動日に横尾君が今号の「広告」にグリーンバードのことを書きました、といっていたのを思い出した。

「今号はよく出てますね。「広告」の基本的なところを突いているのがいいんじゃないのかな」とご店主。

今号の巻頭で編集長の永井一史はこう読んでいる。
ちょっと長いが、

「リーマンショック以降の景気の後退が消費や経済にも深刻な打撃を与えたこと。ネットや携帯のおかげで誰もがつながり、欲しい情報が瞬時に手に入る世の中が実現したこと。それらの要因が広告をめぐる環境にも大きな影響を与えています。さらに、基底部分においては、成熟化と社会格差や資源の限界性など多くの課題を抱えている現代において、新しいモノを手に入れ消費することによって、家族や個人の幸せが実現していくというモデルの限界をも人々は感じはじめているのではないでしょうか。
そのような社会において、広告は何をすればいいのでしょうか?」

本誌の中では色々な切り口で「これからの広告」を論じていて結構おもしろい。

さて、横尾君の文のなかに「赤坂みつばちプロジェクト」が紹介されているが、
どなたかご存知だろうか。

もうひとつ、このブロクでは苦言を呈さない約束だが、「グリーンバード赤坂チーム」を応援している一人として、最近、チームリーダーの「情熱」は活動開始の頃の半分ぐらいになっちゃったような・・・、気がしている。

来週の第二火曜日には活動丸二年を迎える「赤坂チーム」。
これからも楽しみながら参加します。
よろしく。

さらにもうひとつ、グリーンバードのような社会貢献を目的としたNPOに「デコメで楽しく、手軽なドネーション」というのがある。 
「ぷちドネ」
というそうだ。
ここまでにススんでるとは。
〝楽〟にはなにがなんだか???。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-07-05 23:42 | 赤坂番外編

近頃巷ではやるもの・・・

b0165000_8441173.jpg

「やかん流行ってますよね~。」

ってなわけないですが・・・
やかんの下のコンロを見て
「確かに流行ってる。」
と納得の貴兄・貴女は相当のノ・ミ・ス・ケ・!

で、やかん付けの熱燗で頂いたのはこちらの刺し盛り
どーん!
b0165000_8452718.jpg

こちらの刺し盛りを破格の千円台で提供するのは
溜池山王パークタワービル地階に出現の話題スペース紀の重さん

筆文字黒Tシャツの威勢の良い店員さんと、イカ釣り電球風ライトと
ビールケースの椅子、河岸の木箱風の内装、鬼盛りの刺身に、
コンロ焼きの烏賊や貝・・・・
いまや赤坂だけでなく東京の街中に見かけるこのスタイル。
以前、丸富水産さんもレポートしましたが、本当に増えました。
行蔵出没の平日6時にはお客さんでいっぱい!お父さん達
いい顔して飲んでます。「頑張れニッポンのお父さん!」

このスタイル、オリジナリティ云々を語るのももはや野暮かも。
潰しあいの過当競争でなく、いい感じで切磋琢磨して
いい店が残って欲しいですね。

で、こちらの紀の重さん、ボリューミーながらキレイに収まった
刺し盛りがとっても行蔵好み。
焼肉店、バルも併設なので梅雨のジメジメぶっ飛ばしに
もう一回行くぞう!!!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-07-01 09:15 | 赤坂ディナー