「ほっ」と。キャンペーン

赤坂ひよこ日記

ブログトップ

<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

必冊!赤坂 年の終わりに


「もう、四半世紀ほど前になるだろうが、場所は、これも今はなくなってしまったキャピタル東急のラウンジ「オリガミ」。ガラス張りの窓側の席に大きな人がいるなあと何気なく見たら、ジャイアント馬場であった。中庭をバックに、陽光を浴びながら、馬場さんは一人静かに文庫本を読んでおられた。二メートル九センチの大男は、もちろん手も大仏様のように大きくて、文庫本が豆本に奇妙な取り合わせだったが、その光景はなんだかほのぼのとしていて、若造だったわたしは、しばし見惚れてしまった。周囲の客がまるで無関心なのも、気持ちがよかった。さすがはビートルズも泊まったホテル。みなさん、有名人慣れしていらっしゃる。」

奥田英明・文 「非正規スポーツエッセイ どちらとも言えません 19」 より
スポーツ・グラッフィック ナンバー 761号

b0165000_0121011.jpg



今年の9月に発売された号なので、上記のように書かれているが、当ブログで「行蔵」さんが紹介したとおり、「オリガミ」は「ザ・キャピタル」と共に今年十一月に復活した。
右の写真は「オリガミ」の名物メニュー「パーコー麺」







b0165000_001934.jpg

「アスリートの本棚」と題された「Number」761号は表紙は、
今年のサッカー・ワールドカップで日本代表チームのキャプテンを務めた長谷部誠が表紙を飾っている。
ワールドカップの各試合終了後のインタヴューで、長谷部選手のことばは明らかに他の選手と違っていると感じていたが、この号を読んでそれが、そして何故彼がワールドカップの大舞台でキャプテンに指名されたのかが何となく判った気がした。

ちなみに、長谷部誠の選んだオールタイムベスト5冊は
「道をひらく」 松下幸之助著 PHP研究所
「アインシュタインは語る」 アリス・カラプリス編 大月書店
「本田宗一郎 夢を力に 私の履歴書」 本田宗一郎著 日経ビジネス文庫
「悩む力」 姜尚中著 集英社新書
「人間失格」 太宰治著 新潮文庫


b0165000_025914.jpg


〝楽〟の今年の一冊は、
「利休にたずねよ」 山本兼一著
PHP文芸文庫 第140回直木賞受賞作






年も押し迫りましたが、皆様よい年末年始を。
さて、来年は何冊紹介できるでしょうか。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-12-30 00:15 | 赤坂番外編

ずっと好きだったんだぜ~♪

日経MJ今年のCM好感度調査では
ソフトバンク・NTTドコモ・モバゲーが
高評価でしたが 
行蔵的には表題のCMソングの
「資生堂 アラフォー往年のアイドル登場」
が結構ツボ。
「変わらず綺麗」「若い」「痛い」・・・と賛否両論も
高校~大学時代?に好きだった「荻野目ちゃん」
こと荻野目洋子さん登場はかなり嬉しかった行蔵。
篠原涼子さん~永作博美さんと続く
「あなたって幾つなの~?」シリーズと共に
やっぱ資生堂はいいなぁと思う次第です。

2011年うさぎ年も女性のみなさん輝いてください!

ということで
b0165000_938639.jpg

コラーゲンをたっぷり入れて食すのは
b0165000_937166.jpg

沖縄料理・花唄さんの薬膳辛鍋。
b0165000_9384389.jpg

たっぷりの薬味・朝鮮人参?入りのスープに
件のコラーゲンと沖縄豚をぶっこんで野菜と一緒にいただきます。
お好みで自家製の食べるラー油も入れると・・・
とり皿に一杯二杯と食べ進むうちに頭皮からも汗がじわーっ。

豚足と各種漢方食材から旨みの出たスープはしっかりした
味ながら薬味が効いてさっぱりいただけます。
なかなか辛いんだけどついついもう一杯もう一杯と飲み干したくなります。

その他の沖縄風土料理&焼きトンもかなりのバリエーションで
楽しめますが、やっぱりここは
中華風とは一味違う沖縄風の薬膳鍋、かなりマストです。

食後は身体の中からくわ~っつと温まり
あなたの柔肌を襲う寒風もへっちゃらで赤坂のネオン街を
闊歩できますよ~!!!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-12-29 10:19 | 赤坂ディナー

今年の三大・・・

今年も残り4日あまり。
この時期は今年の○大ニュースとかで
みんな一年振り返ってますが

行蔵的には、
・人間ドック赤信号→初加圧トレーニングで数値改善
 →サボってV字回復・・・
・携帯電話の電話帳データ全消去
・初上海で上海蟹食べまくり
あたりが三大ニュースかなと・・・かなりしょっぱいかな。

で、三大といえば、世界三大料理の一角。
トルコのアセナさんへ行くぞう!

b0165000_1838232.jpg

チキンケバブ
地鶏やコーチン系のシコシコとは異なるプリッ&クニュと
した食感の鶏肉に、かなり控え目なスパイステイスト。
勝手にインドのタンドリーチキンに近いイメージを持ってた
行蔵にはいい方向での意外性。

b0165000_18384668.jpg

シシケバブ
噛みしめると羊肉の旨みがじゅーっつと広がります。
羊独特の臭みは最小限でスパイスの香りと
とってもいい塩梅。
行蔵、フレンチの羊の香りちょっと苦手なんだけど
この羊の香りの加減はかなりビンゴです。

さらに
b0165000_18494715.jpg

自家製熱々のトルコパンにあわせる
ひよこ豆のペースト・茄子のトマト煮・ちょい辛野菜ペースト
&牛のケバブ(ほとんど炭焼ハンバーグなシンプルさ)
のプレートに
b0165000_18515569.jpg

これまた加減が丁度なスパイシー豆スープと
生野菜のサラダがついて、一人3000円!
かなりお得なコース設定です。

こちらのアセナさん。
ひよこBBQにも件のチキンケバブをトルコ人の
オーナーシェフがどーんと持ってきてくれましたが、
焼く時の注意事項を聞くと
「大丈夫。大丈夫。普通に焼いてもらえれば美味しいですよ!」
ととっても気さくな返答。
料理もオーナーの雰囲気も、なんか不思議な親近感を覚えます。

奥行きや広がりからするとトルコ料理=世界三大料理といった
選定には???な感じもしますが
トルコ⇔日本の親交の深さは、この味の親近感が大きな
要素になっているのかなと、妙に納得な行蔵。

みなさんもインド・パキスタンともアフリカとも違う
絶妙な塩梅のトルコ料理。
是非行って欲しいぞう!!!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-12-28 19:17 | 赤坂ディナー

新店舗情報!

赤坂通り

薬局「ヒグチ」跡地

次の店は
クリーニング屋さんだそうです!

b0165000_7574953.jpg

[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-12-21 07:58 | 赤坂の街並み

スマートイタリアンくん

b0165000_1271915.jpg

お休みの日の昼下がり。
樹々なめの赤坂ショットはご存知ミッドタウン。

テラス席はウェディングパーティーとかで満席の為
今日はヴィノテカさんへ行くぞう!

ほぼ満席だったので店内全体像は撮りませんでしたが
冒頭の景色を臨む波波のカウンターが特徴のこちら。
すっごくスペースを贅沢に使ってますがその甲斐あって
遠くまで広がる青空をぼーっつと見ながらの食事はなんとも
落ち着きます。

そんなカウンターで頂くランチは
b0165000_121628100.jpg

イタリア風卵焼き・ハム・タコの紅茶風味
b0165000_12172049.jpg

ヤリイカ・春菊のパスタ ちょいカラスミふりかけ
b0165000_1218569.jpg

ハラミのステーキ
にデザート・コーヒー/紅茶

無性に「昼ステーキ」が食べたかった行蔵はそれが充足されたし、
全体として×××ではないのですが、
デザートとコーヒー無くてもいいから「もういっちょ何か訴えようよ!」感が
あったのは正直否めません。
せっかくのこだわりの贅沢空間なんだから、無難にまとめ過ぎず
もうちょいチャレンジしたり、一皿だけでも印象に残るものがあっても
良かったかなと。
いわば「スマートな草食系男子」のようなイタリアン。
ん?
でも個性強くてギラギラ、ゴリゴリ、オレオレ系ばかりの合コンの中での
穏やかニコニコ系男子のように、個性派名店揃いのミッドタウンの中では
この感じ意外にもてるのかも。。。

それ狙ってたらヴィノテカさん、深いぞ~。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-12-13 12:55 | 赤坂ランチ

寿司屋ハットリくん 

11月のひよこ氷川神社BBQで大活躍・大評判のすし 服部さんに
行ってきました。

ミッドタウン正面から本当にすぐのグッドロケーションながら
六本木交差点のヤンチャな外国人や酔っ払いグループの喧騒や
ミッドタウンのイルミネーション見物のカップルのイチャイチャからも
程よく離れた静かな星条旗通り一本横の路地の地階。
カウンター8席にテーブル1席の空間は「いい寿司屋」のキャパ。
ご主人初め4~5人のスタッフが温かく迎えてくれます。

プレミアムモルツの中瓶で乾杯。
ちょこっとつまんでから握ってくださいというと
蛸の桜煮 白子焼 あんきも 鰤刺しのおろしポン酢のせ
がささっつと小鉢で出されます。
程よい甘みの蛸、とろとろ白子、しっかりあんきもに
脂のってるのに全くしつこさを感じない鰤。

酒飲みのハートを押さえながら、剛柔とってもいいバランスの
つまみにはやっぱり日本酒。
冷酒をオーダーすると錫の片口に錫のぐいのみ。
敢えて生ビールでなく瓶ビール、その他のお酒も和洋絞り込んだ数種ずつ。
寿司屋だか飲み屋だかわからない店も多いけど、
酒好きの気持ちはに応えながら店主のコントロールが効いている
のって大事です。

で、肝心のお鮨は
・鮪
・コハダ
・トロ
・穴子
・ウニ(軍艦でなく海苔無し握りで)
・ミル貝
・白ネギのねぎとろ細巻
と頂きましたが、どれもとっても繊細。小ぶりな御飯に適量の大きさのネタ。
どれも口に運ぶと、ふわっと味が広がっては溶けていく感じ。
コハダの酢の効き方も、ちゃんと〆てるけど当りが優しい。

立地・空間・お店の人・お酒・つまみ・勿論お鮨
どれもこの店からは「程よい塩梅」「心地よい優しさ」を感じます。
飾らない友人とリラックスしながら鮨食べたい時。
赤坂から散歩がてらミッドタウンを抜けて行ってみて下さいまし。

で、全然「撮影ご遠慮下さい」な感じではないのですが
行蔵のピンボケ写真って、鮨と天婦羅にはどうも向かない気がして・・・
全編 語りのみでお届けさせていただきました。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-12-11 11:26 | 赤坂ディナー

熊に注意!

ここ数日

12時過ぎ
エスプラナード通り(田町通り)に
背丈が2メートル以上もある
熊が出現しております!

来週も出現する可能性があるので
皆様、御注意ください!


b0165000_12573279.jpg

[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-12-03 12:58 | 赤坂の街並み

メゾン・ド・ユーロン (上海蟹・後編)

前編ラストショットの蟹が・・・

b0165000_104359.jpg

こんなあられもない姿で出てくるのは
中華激戦地・赤坂でも名店の誉れ高い
メゾン・ド・ユーロンさん

こちらでは蒸上げ直後の温かい蟹味噌を最高の状態で
味わってもらう為に、そして行蔵のような面倒くさがりの為に
料理人さんが味噌を出してくれます。

この日は雄の蟹なので味噌&白子!
ねっとりの二乗・三乗な白子は
「上あごに舌で押し付けるように」頂くとのこと。
ご存知の味噌の風味に味噌を上回る濃厚さが
重なり口の中にまった~り深~い味が広がります。
お燗した紹興酒&生姜の効いた甘いお茶で
リセットして、もう一口、もう一回リセット、もう一口、
もう一回もう一口・・・至福です。

b0165000_10162982.jpg

↑雲丹と合わせたあんかけの茶碗蒸し
b0165000_10164980.jpg

↑野菜との煮込み
・写真は無いけど〆のあんかけおこげ

と残りの身を使った料理も柔らかい味。

そしてメゾン・ド・ユーロンと言えばの
b0165000_10214869.jpg

溜りで黒~く味付けしたフカヒレ
b0165000_1022133.jpg

表面カリカリ・油の甘みがぎゅっと凝縮した揚げパンと
共にいただきます。
この真っ黒フカヒレ。
味が濃い目とか身が薄いとか苦手な方もいるようですが、
ソース・身・揚げパンの一体感は秀逸です。

上海蟹&フカヒレの真っ向勝負。
食通の先輩も大納得。行蔵も大満腹。

そんなメゾン・ド・ユーロン。
実に5年以上ぶりの訪問で前回とは店の印象も一変。
一ツ木~コロンビア通りの路地裏に佇む
ゴットファーザーが出てきそうな暗めの店内(現オーナー談)は、
温かみのある明るめの装いに。
店の前の道も高層マンション建築に伴い拡張され
店の窓からの景色も一変。
旧店の良さを受け継ぎながら新しい居心地のよさ。
ホールにはワインに絶対の信頼のあるY岡さんも参画。
店内は行蔵の他にも大人のビジネスユース多数。
ミシュラン☆店でもあるので話題性も有りです。

&実は夜もお得なプリフィックスコースも用意。
たまの贅沢女子会にもお勧めです。

さあ12月!今年のラストスパートも赤坂で飲むぞう!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-12-02 10:51 | 赤坂ディナー

リリーフランキーさん&蟹 (上海蟹・前編) 

注意事項
・普段の電車内で不用意に読むと失笑&一人ニヤニヤします。
・気になるあの娘や大切な取引先の前でペラペラとページを
 めくってるとイラストの微妙さに冷笑を浴びるかもしれません。
・清廉なハートの持ち主には「○ンコ(色々入りますが全て出てきます)」
 の標記の多さに真理手前で読まなくなってしますかもしれません。

でも行蔵はそんな「エコラム」/リリーフランキー著が面白い!と言う人が
好きです。
そもそも既に廃刊の「POPEYE」誌の大分昔の連載エッセイが
今敢えて新刊として出たことに、このコラムに対しての時代の
潜在的なニーズを感じます。
そんなエコラムの中で

「蟹が出ると宴会が無言になるよね~。」という表面的な台詞をいう奴は
信用おけない
(原文はちょっと言い回しが違ったと思いますが)

と、リリー氏は書いています。エロ話満載の中で異質な一編ですが
本文を読むと鋭い考察に思わず唸ります。

と、本の紹介がながくなりましたが
リリーさんも多分納得の

がこちら↓
b0165000_9264857.jpg

お店&料理のご紹介は後編に続く。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-12-02 10:00 | 赤坂ディナー

御連絡!

赤坂通り
「もつ福」の前のビル1階!

昔、インディアンクラフトのお店があった場所!

b0165000_751999.jpg


只今、工事中!

佐川急便が入るらしいです。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2010-12-01 07:53 | 赤坂の街並み