赤坂ひよこ日記

ブログトップ

<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

明日でひと休み ~きぼう食堂・5~

いよいよきずなフェア&きぼう食堂も明日で一旦終了

行蔵は復興支援フェアで買った
「いわてカシオペア連邦」のりんごジュースで
内臓労わりながら執筆中。

で、きぼう食堂巡りの最後は
いよいよテラスシーズン到来のイルカシータ(行蔵の過去の記事に飛びます)へ行くぞう!

イルカシータのきぼう食堂メニューは
b0165000_8595258.jpg

ど~んと迫力満点の東北の豚のグリル!
しっかり火入れされた焼き目。
肉料理はやっぱりこの「焼き」。
ローフードも素敵ですが肉には火が最大の調味料かも。

さらにイルカシータでの重要な調味料は
b0165000_8455860.jpg

ワインではありません。
(このワインもコスパもよく美味しかったですが)
行蔵が男色な訳でもありません。
やっぱり、このスタッフの笑顔!

オープンから数年、メニューも変りましたしスタッフも変りました。
海老原さんやピオさん元気かな?
でもスタッフに受け継がれてるホスピタリティと笑顔は変りません。
カシータグループのお店に「サービスだけ」「演出過剰」とか
言う方もいますが、行蔵は支持しています。
以前オーナーに会ったときも
「青山は敢えてトゥーマッチな演出をしてるけど、
オトナの街の赤坂ではもっと自然体でと心がけてる」
と言ってました。強い意志と確信をもって笑顔を提供しているイルカシータ。
テラスがあなたを待ってます。

がんばれ東北!がんばれ赤坂!
(次回からは心の中でつぶやきます)
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-05-27 09:26 | 赤坂ディナー

極太! ~きぼう食堂・4~

今日はここ!
b0165000_9203954.jpg

スーラーターやちゃんぽんとかにもお酢を鬼入れ派の行蔵は
当然冷麺も大好き。
特に、最近流行のもずくのような極細タイプでなく
プリプリ&くにゅくにゅの太麺好き。
そんな行蔵も大満足なこちら竜やさんの「盛岡冷麺」は極太!!!
b0165000_9282712.jpg

(写真は取り分け後なのでハーフサイズですみません。。。)
たっぷりお酢をかけて胡瓜と一緒にくにゅくにゅ。
なんか食べたお肉やお酒が全て浄化される錯覚を感じます。
(あくまで錯覚でしょうが)
これだけでも来店の価値ありですが・・・
メインは
b0165000_9381918.jpg

ホルモン6点盛。何からいくかワクワク
まずは白いコリコリ系
b0165000_9384618.jpg

続いてホニュホニュな食感の味噌だれ&脂ギッシュ系
b0165000_9385888.jpg

七輪の炭加減がちょうど良く焦げ焦げになりません。
甘辛の味噌だれ越しにじゅわっと溢れる脂に
ビール&ハイボールはアンストッパブル!
普通の赤肉系は、カルビ・ロース・ハラミの三点盛で
b0165000_9391723.jpg

最後に一品リクエストは
b0165000_939261.jpg

ハツに網脂を巻いたアミハツ。
シコシコ食感のハツに網脂のジューシーさが完全に融合。
これを考えた人、偉いです。

店頭の看板が気になっていたけど入るきっかけのなかったお店。
そんなお店に出会わせてくれるのもきずなフェア&きぼう食堂の
いいところだなぁ~
と妙に納得の一夜でした。

がんばれ東北!がんばれ赤坂!
がんばれ行蔵の内臓!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-05-26 09:52 | 赤坂ディナー

華麗なる剣さばき ~きぼう食堂・3~

行蔵きぼう食堂巡り第3弾は・・・

「なぜ俺は今までここに来てなかったんだ~」
と赤坂暦15年超の行蔵不覚の一店

b0165000_831655.jpg

ビストロQに続いてのオーナーのスマイル!
コック帽を被ったラストサムライ・真田広之ではありません。
かのM・ジャクソンも来店しオレンジジュースがぶ飲み伝説を
残したダンテの笹岡シェフ。

レンガ造りの重厚な店内にはがっつり鉄板をはめ込んだテーブル
その奥の特等席で笹岡シェフのショーは始まります。
でもその前に、今日はきぼう食堂巡りなのでビールと共に
お店お勧めの会津のお酒・飛露喜をオーダー
b0165000_8405869.jpg

きりりとしててお肉にも負けません!とのこと
キンと冷えていい感じです。
まずはシーフード
b0165000_83941100.jpg

プリップリの海老が鉄板に踊ります。
余計な味付けなし。これが飛露喜に合うんだな。
撮り忘れの絶品ホタテに続いては
お野菜
シャキシャキ感を残しながら甘みを引き出した玉ねぎ
結構大振り!
b0165000_8395464.jpg

彩り豊かにカボチャとナス
b0165000_8401285.jpg

で、いよいよお肉!お肉!お肉!
オーダー時、サーロインかヒレか悩んでいると
「ならば一人前ずつでは?」と至極当たり前のアドバイス
(行蔵、最近完全に頭止まってます。。。)
で、ヒレ&サーロイン
b0165000_8402625.jpg
b0165000_8403476.jpg

いい焼き色が付いてくるとシェフのフォークとナイフが
シャシャッと動き、一瞬お肉が踊ります。
そこでフランベ!
行蔵の写メに合わせて着火してくれるも画面一面がホワイトアウト状態。
2度目は鉄板越しのシェフの上半身が見えなくなるくらい大炎上!
これは要ムービー撮影対応でした。。。
特製ダレも美味しいけど噛みしめた(とっても柔らかいですが)時の
旨味が広がるので本当にお塩だけで十分。
行蔵好みの赤身からしっかりお肉の味のするヒレ&サーロイン♪♪
和牛+飛露喜+お箸=やっぱ鉄板焼きは和食だ!を確信。

ナイフ&フォークさばきもフランベもパフォーマンスでなく
無駄を省いた最小限の動きを感じさせます。
素材が変る度に別の男性が腰を入れて鉄板を綺麗に磨いて、
まっさらな鉄板がまた次の素材を待つ。
前段のラストサムライではありませんが日本の格好良さを感じます。
で、日本とくれば〆は当然
飯!ギリギリまで焼いた脂身がアクセントのほんのりガーリックライス
b0165000_8412426.jpg

旨いす。

とっても硬派な日本男児レストランな紹介でしたが
笹岡シェフのお母様がホールをびしっと&温かくしめています。
そこもある意味日本的かも。
で、コースには懐かしのポタージュスープが最初に出ます。
b0165000_8413527.jpg

これも沁みます。。。

以前、赤坂鉄板焼戦争をこの日記でもお伝えしましたが
技巧派・個性派・ニューウェーブの鉄板焼き店とは違う
10年先もそのままあり続けて欲しい王道鉄板焼き店でした。

がんばれ東北!がんばれ赤坂!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-05-25 19:00 | 赤坂ディナー

赤坂きずなフェア 復興支援フェア

b0165000_0155841.jpg


24日、25日の二日間、赤坂サカスTBSストア横で
赤坂きずなフェア「復興支援フェア」を開催中です。

初日の夕方、行って参りました!
内閣装置大臣賞のこんにゃく、アカシアのはちみつ、トマト、
長ネギ、ごぼう、舞茸、ニラ、にんにく。
写真には載ってないけれど、他にもきゃらぶき、サニーレタスも。

群馬のお店にのし餅があったのですが、
試食の味が忘れられず、、、
明日、買いに行こう!
早めに売り切れてしまったおまんじゅうも素朴で美味しかったそうです。

きゃらぶき美味しかったですよ。
いわきのトマトも新鮮で、スライスして、塩でいただきました。

b0165000_022347.jpg

[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-05-25 00:41 | 赤坂の出来事

カウンターの端っこで ~きぼう食堂・2~

行蔵きぼう食堂巡り第2弾は・・・

b0165000_92797.jpg

このほのぼの微笑み顔に誘われてビストロQさんへ。
ひよこ日記行蔵編で以前にもご紹介のこちらはきずなフェア前から
お店の黒板に「がんばろう日本!」の東北食材フェアを実施してた偉いお店。

今日は幸いにシェフ前・カウンターの一番奥が空いていたので
どっしり陣取ると・・・
照れ気味だけどどこか人懐っこい雰囲気の山下シェフが
食材のこととかちょこちょこと話しながらも
時折真剣顔で小鍋でソースを仕上げる様子を間近で見られます。
(この小鍋ソース作り姿はかっこいい!行蔵もマスターしたいとこです)

で料理は
連れと共に悩みに悩んだ末選んだ前菜3品を
きれいに2名分にシェア盛。
b0165000_940655.jpg

左から 定番の豚パテ
青森産のヒメマス
(鱒ってどことなくサーモンより味が上品な感じしますよね)
筍空豆うるい桜海老サラダ
(春食材ごちゃ混ぜだけど夫々が香り高く&とってもいいバランス)
 
悩むことなく選んだアスパラは
b0165000_9401857.jpg

茹ででなく焼き!&驚愕のイチゴソース
え?と感じても甘酸っぱさが「焼き」には合います。

お肉はこれまた悩んで
b0165000_9403029.jpg

定番ハンバーグと
6時間80℃の油でコトコト焼いた豚肉の相盛。
豚さんに親近感を覚える行蔵には「6時間80℃」のフレーズに
童のころに見た地獄絵図がフラッシュバック。
でも、ぎゅっと押し込められた旨味が口に入ると
じゅじゅじゅわ~っと広がります。
ハンバーグは安心の豊潤さ。

食事に関しては硬派な連れが「デザートよりは酒!」
ということで今回デザートはお預けでしたが
カウンターでのちょいちょいなお話と共にお酒と料理を
頂く時間はとっても素敵な余韻と共に過ぎていきました。

と、いい感じでほろ酔いを楽しんでいたら
またカレー食べるの忘れた!!!
次こそ〆カレー食べるぞう

がんばれ東北!がんばれ赤坂!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-05-24 10:35 | 赤坂ディナー

「え?」でなくて、「わ(輪)」  ~きぼう食堂1~

b0165000_12534519.jpg

店「こちらが東北の地酒ご注文の方への
  一品サービスの生牡蠣です」
行「え?」
と思わず驚くサービス品でお出迎えのこちらは
●ッピー●ーナはじめ赤坂の酒豪女子にも人気の彩食亭・輪さん
(って伏字にする必要もありませんが・・・)

ここは本当に呑み助心をくすぐるメニュー多し。
空豆皮ごと焼は多いですが、ヤングコーンも丸焼き
b0165000_12593611.jpg

熱々の皮に注意しながら剥くと缶詰ヤングコーンとは
ステージの違う太さ!
b0165000_12595836.jpg

昭和世代の行蔵はサラダでも炒め物でもヤングコーンが入っていると
それだけで嬉しくなっちゃうのですが、こちらのはしっかりもろこしの
甘味がします。

さらに
b0165000_1334848.jpg

ねっとり食感が秀逸な白身はなんと「ホッケ」
わらじのようなホッケの開きのイメージからは想像できない
高級魚の味わいです。
続いてこりこり白ミル貝に
b0165000_134871.jpg

肝までたっぷり、軽くフレームアウト気味のホタテ
b0165000_1342421.jpg

の刺身三連発。

実は遡る事1時間前。

行「今日、何系食べたい?」
女「う~ん、納豆系」
行「・・・」
なやりとりの末、
真面目な行蔵は「あそこなら納豆メニューあるはず」
と輪さんを選んだ経緯もあり
さらに、納豆溢れる栃尾揚げをオーダー
b0165000_13122817.jpg

これがまたお酒に合うんだな~
〆には、むしろヤケ気味のガーリック炒飯
b0165000_13124738.jpg

いやぁ~このガーリック炒飯は中々のハードガーリック!
鼻腔を刺激しまくり、満腹の胃を再稼動させるニンニクの香りに
行蔵の邪な妄想はドラキュラばりに撃退。
色気より食い気に脳内マップも塗り替えられ完食!

完全飲み飲みモードの行蔵は、そのまま「壌さん」でハイボール!
行蔵、きぼう食堂巡り第一弾はがっつりオヤジ飲み!
がんばれ東北!がんばれ赤坂!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-05-23 13:44 | 赤坂ディナー

赤坂から元気を送ろう!

b0165000_1444225.gif


5月16日(月)から、赤坂の街では、
上記のような、雰囲気のあるイラストのポスターや
東北の間伐材に刷られた、こけしのプレートを目にすることと思います。

震災被災地の復興支援を目的に「赤坂きずなフェア」が開催されます。
詳細は、赤坂経済新聞の右上にバナーがありますので、クリックしてみて下さい。
「きぼう食堂」
「復興支援フェア」
「一ツ木ワゴンセール」
これら3つのイベントで構成されます。

飲食店が多い赤坂で、被災地を応援できることは、、、
安全であることが判明しているのに、風評被害にあってしまった産物をはじめ
東北の名産品を食べて飲んで、応援すること。

想いを共有してくださる飲食店様はぜひ「きぼう食堂」今からでもご参加ください。
企画概要詳細は、赤坂Newsからダウンロード可能です。

ポスター等のビジュアルデザインは、HAKUHODO DESIGN
赤坂BIZタワーに本社のある博報堂の社員さんたちが、
何か出来ないかとご連絡くださり、
お忙しい中制作してくださいました。

街と企業のきずなも深まってきています。

「赤坂きずなフェア」は今回1度きりではなく、
東北が元気になるまで、継続イベントにしていくつもりでおりますので
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-05-12 14:58 | 赤坂の出来事