「ほっ」と。キャンペーン

赤坂ひよこ日記

ブログトップ

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オトナお子様ランチ

巷の夏休みもいよいよ今日で終わり。

みなさんの周りでは夏休みの間にすっかり
オトナになっちゃったイケナイ女子はいませんか?
(って中学生じゃあるまいしですね)
そんな少年時代を振り返った行蔵が先日行ったのが

b0165000_12134182.jpg

円通寺通り沿いでこの看板がず~っつと前から気になっていた
ルスティカネラさん
初めてなのでサイトの限定コースをお願いしたのですが
これが嬉しい「オトナお子様ランチ」な感じ。

色が完全につぶれてしまって全く美味しくなさそうなのは
お店の方にゴメンナサイですが
b0165000_12172985.jpg

お肉・魚介・野菜の一口前菜が6種。
どれも乾杯のスパークリングと共に、
テーブルの場が程よく温まるのに最適です。

b0165000_12215425.jpg

続いてパスタ&リゾットが2種相盛。
トマトソースパスタとときのこベースの塩味リゾットは
見た目にも味的にも好コントラスト。
ハーフ&ハーフなんで炭水化物が黄色信号の
行蔵には嬉しい設え。

そしてお肉かお魚を選べるメインにお肉を選ぶと
b0165000_12264534.jpg

もはや掟破りの3種のお肉盛。
鶏はプルプル食感を残してジューシーに、
牛はかみ締めると肉汁じゅわなしっかりグリルで、
豚はカツレツ風に。
少年時代の「石井のハンバーーグ~♪」のCMソングを
口ずさみたくなるようなトリプルミートな一皿。

デザートも
b0165000_12573570.jpg

ティラミスを主役に5種盛り込み。

限定・入門・お試しメニューとは言え4000円でこのバラエティは
かなり楽しくいただけます。
800円ランチでいたずらに小鉢やゼリーとかついてくるのは
嫌いな行蔵も、気軽な飲み会時のこのコースにはとっても満足。
敢えて褒め言葉としての「お子様ランチ」命名です。

夏休みの終わり、オトナのお子様ランチコースを頂きながら
ふと自省。
・おしゃべり
・コツコツ出来ない
・飽きっぽい
・体育が2で運動嫌い
小学生から本当変わっていません・・・
2学期はがんばるぞう!
                      永遠の少年・行蔵
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-08-31 13:12 | 赤坂ディナー

ハンバーグとカレーとチップとデール

今宵は、行蔵と「中年チップ&デール」を組む先輩と会食。
(ちなみに行蔵は赤い鼻のデールです)
ビジネスピープルとしても女性としてもキラキラ&バリバリな
SATC(セックス・アンド・ザ・シティ)な女性を赤坂に招くこととなり
おなじみビストロQさんへ。

本日は周年記念の「込み込みコース」をチョイス!
森の実り好きなチップ&デールのメインは当然
b0165000_9561575.jpg

フォアグラ入りハンバーグ。
ウエスト周り100㎝超のシマリスは完全に小学生回帰で歓喜。
SATCからも「飲み会でハンバーグって新鮮ね。」との高評価。

さらに〆には
b0165000_1001971.jpg

小カレー。
チップ&デールはいつの間にかW黄レンジャーに・・・
大盛りにしなかったことが悔やまれるくらい
するっと入る食べやすさ。

で順番逆になりましたが当日は、ハンバーグ&カレーのガツン系以外にも

b0165000_12552728.jpg

桃とグリーンアスパラのサラダ
ジューシー&スイーティーな桃に青々としたシャクシャクのアスパラが
とっても合います。

b0165000_12553871.jpg

シマアジのタルタル トマトとスイカのガスパチョ 
しっかり脂の乗った青魚特有の旨味がスイカの甘さっぱりなソースと
これまた合います。「味覚の夏」を実感。

b0165000_12554916.jpg

さらに黄色とほぼ黒のコントラストが鮮やかな
マダイのソテー トウモロコシのソース
自然のトウモロコシの甘さは驚くほどに深い味わい。

行蔵、実は勝手に「ビストロQさん=ミート系&グリル系」イメージを
持っていましたがなかなかの繊細さにビックリ。
また、「カウンターでQさん見ながらしっぽり食事用店」としてインデックスを
つけていましたが4~5人で飲みながら盛り上がるのにもいい感じと認識。
(当日は隣で、業界人風の悪いオジサンと109系ギャルの4人が食事して
 ましたが、話の盛り上がり度&しょうもない度では、互角以上に渡り合う
 チップ&デール&SATC。
 カウンターのカップルさん達、うるさくてごめんなさいでした。)

ビストロQさんの周年イベントはこれからも続きます。
要チェックですよ~
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-08-26 13:23 | 赤坂ディナー

オイスター195

1991銀座
男「今日は牡蠣づくしで酔心(広島料理店)行こうか。
  ポン酢で生牡蠣、味噌鍋で熱燗いっちゃう?」
女「う、うん。生牡蠣はちょっと苦手だけど。。。」

時は流れ・・・
2011赤坂
女「今日は牡蠣かな~。グランドセントラルかマイモンがいいかな」
男「了解です。」
昭和な行蔵には、昨今の女子のオイスターバー好きには
隔世の感がありますが、もともと牡蠣好きなので大歓迎!

で、今宵は
b0165000_9121786.jpg

北海道・仙鳳趾の牡蠣を1個195円で提供の破格フェア開催中の
オストレアさんに行くぞう!
件の牡蠣と共に和洋3種の盛り合わせプレート
b0165000_9334985.jpg

あっさり~濃厚まで、アイルランド産~タスマニア産~丸えもん(和)
~仙鳳趾の順で食べるといいですよとのこと。
海外の小さめあっさり牡蠣はあまりタイプでない行蔵は
言われるままに期待低めで肩慣らしがてらアイルランド産から・・・
「ん?美味い。」
すかさず2個目のタスマニア産に
「お!これまた美味い。」
国産のクリーミー度とは異なるものの、いい感じの潮味&旨味。
いわゆる食べ厭きない加減で、
「欧米人はこういう牡蠣を白ワインと共に皿一杯食べてるんだろうなぁ」
と妙に納得。
しかしこってりもっちり行蔵は続いて丸えもん~仙鳳趾に移行。

納得の2品をレモンちょい絞りで頂いたら次は
b0165000_952580.jpg

どーんと的矢の岩牡蠣。
もはや牡蠣の皮を被った冷製濃厚クリームソースは
口に運ぶととろ~っつと舌に広がります。
昔、牡蠣をして「海のミルク」と言おうとして「海のプリン」と
のたまい失笑を買った悪夢が甦ります。

と一個一個のクオリティの高さに4種で満足の生牡蠣を後に
b0165000_100441.jpg

天使の海老のちょい辛シュリンプカクテル
b0165000_1011349.jpg

青魚のタルタル
b0165000_1012317.jpg

茄子と雲丹のテリーヌ
と海鮮冷製前菜で白ワインをぐ~びぐび。
〆に定番の牡蠣フライを頂く頃は
b0165000_101393.jpg

行蔵も連れもかなり出来上がってました。

で、気づくと奥のテーブル席~店頭のカウンターまで
店内は30代位の女子ばかり。
各々がグラスを片手に生牡蠣を啜り食べている様子に
女子パワーを感じ軽く畏怖と危機感を感じた行蔵。

赤坂の男子よ栄養分たっぷりの195円牡蠣を啜り食べ
いざ立ち上がれ日本!

失礼しました。。。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-08-25 10:15 | 赤坂ディナー

元気ですか~? 青・緑・白

昨日(8月11日)東京は35度で今夏最高の暑さ!

テラス好きの行蔵も流石に外を躊躇した(店員さんにも止められた)
ランチミーティングは以前にも紹介のJJさん!
真っ青な空+目線の高さの公園の緑+お皿とクロス&室内の白
30度超えの日はやっぱこのシチュエーションですね。
ミッドタウンにはこんな真夏ランチに適したお店が多いですが
JJさんはその適度な広さも相まって最適と言えるでしょう。

サンパチなお得なコースは
b0165000_9394467.jpg

赤カブの冷たいポタージュ。
抑えた甘みでスイーツのような柔らかさ、
ブルーベリーがしっかり瑞々しく酸味が
程よいアクセント。

選べる前菜、行蔵は
b0165000_943787.jpg

海老と夏野菜のマリネ&トマトのジュレ。
透明なのにトマト味しっかりのジュレに驚きつつ
混ぜ混ぜっ~スプーンで一口
b0165000_9495688.jpg

→海老と野菜の異なる食感が合わさって幸せ感じます。

お相手の皿も失礼して一口
b0165000_1010024.jpg

b0165000_10101822.jpg

天然の甘み豊かなトウモロコシのフラン
薄焼きお煎餅の下からは粒のトウモロコシがコロコロ

メインは
b0165000_9563355.jpg

スズキをチョイス。
刻んだ野菜もてんこ盛りのスズキはスプーンだけでは
切れないくらい脂が乗ってます。
ガスパッチョ風の冷たいスープと共に
シャキシャキ食感の野菜とライトモッチリなスズキ
こんな一皿味わえるなら夏も歓迎です。

またまた一口頂いたモチ豚も絶妙な火通りで
旨味◎だけどさっぱり頂けます。
b0165000_1042681.jpg


デザートは
b0165000_1045427.jpg

胡麻まみれのチョコに
胡麻アイス&アクセントの生姜、
和な大人テイストです。

こちらのJJさん、今は基本的に日本人のシェフが腕を
振るっているそうですが、ポーション、味付け、盛り付け等に
気負わないけどとっても気が遣われた繊細さを感じます。

お盆休みでちょっと人の少なくなった都心。
是非、行って食して欲しいぞう!!!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-08-12 10:17 | 赤坂ランチ