赤坂ひよこ日記

ブログトップ

必冊(読)!赤坂 その十四 ISIS 


あの日から今日でちょうど九か月。
そして今年も後もう少しとなった。

『3月11日の午後2時半すぎ、青山表参道裏のギャラリーで薈田(わいだ)純一さんが松丸本舗の本棚を全面写真にした「BOOK SHELF」展を、和泉佳奈子ともども見終わって、さてそろそろ事務所に戻ろうと青山通りに向かう途中の和物屋に立ち寄っていたとき、東京の地面がぐらりと大きく揺れ始めた。すぐに店の外に出たが、揺れはそのまま止まらない。
 その不気味な揺動に、「ああ、東京はこういうふうに直下の宿命を迎えるのか」と一瞬のうちに感じた。強烈なファースト・ストライクは「とても長い数分」で収まったものの、その後も何度かの余震が追い打ちをかけてきた。体が芯のほうでぐらぐらしたままだ。なぜか、空を見た。気のせいか鳥たちが乱れ飛んでいる。
 青山界隈はあっというまの混乱である。通行客、店の客、従業員がほとんど外に出てきて、たちまち道路に溢れた。ほぼ全員がケータイで連絡をとりあっているが、誰もどこにもつながらない。地下鉄は止まり、タクシーはなく、誰彼なく歩き始め、誰彼なく立ち止まって呆然としている。東京で初めて見る昼下がりの異様な光景だ。
 情報はない。全員が頼りにしていたはずのケータイが機能しないのだ。何が起きたのか、どこが震源地なのか、これから何が進行するのか、すべてわからない。途絶された情報都市の腋の下が露呈した。その場のほぼ全員が「無知な当事者」としてひたすらその場に突き放されているばかりなのである。
 やむなく渋谷に向かう人波とは逆に赤坂の事務所まで歩いて戻ったが、ぼくの部屋ではだいぶん本が飛び出していたようで、それをスタッフが早くも元の状態に戻してくれていた。編集工学研究所のスタッフというのは、こういうときに強い。なぜか本棚たちは倒れなかった。』

b0165000_054615.jpg


松岡正剛 文 千夜千冊 番外録 2011年3月16日 1405夜
立花隆はいわく「知の巨人」なら、ここ「編集工学研究所」所長の松岡正剛も「智の巨人」といえよう。

前回の「農文協」に続き今回も場所は赤坂七丁目にある「編集工学研究所」。
場所はちょっと説明しにくい。
赤坂小学校正門前を青山通りのほうへ向かい、途中を右折する。
その道の左手に研究所はある。

「千夜千冊」で紹介された著書はすでに千冊を超えてて「連環篇」となり、
今日現在で1442夜となっている。
読書好きの方は、是非、一度は「編集工学研究所」のホームページを覗いていただきたい。

できれば、年内後二冊紹介できるかな?
[PR]
# by akasaka_hiyoko | 2011-12-11 01:00 | 赤坂番外編

必冊!赤坂 その十三 TPP


「東日本大震災と原発事故はこの国のありようを根本から問うています。地震や津波そのものをなくすことはできないが、その被害を大きくするか小さく抑えられるかは私たちの社会のありようにかかっている。その基本は無限のグローバル化・大規模集中型でなく、小規模分散型とローカル化、およびそのネットワーク化ではないでしょうか。」
b0165000_0131146.jpg


「TPPと日本の論点 農文協編」 農文協ブックレット2

いつも楽しい行蔵さんレストランガイドの後にお堅い話で、
書くのもちょっと退けますが、前回に続き時事ネタです。

上に揚げた文のどこに「赤坂」とのかかわりがあるのか?
わかった方、赤坂通ですね~。

そう、「農村漁村文化協会」、略して「農文協」。
こちらの出版社は赤坂七丁目にあります。
一ツ木通りの「近半」さん(わかりますか?皆様)のところ、コロムビア通りをまっすぐ上がっていき突き当り、薬研坂の通りへ出た向かい左手のビルが農文協のビルです。

b0165000_018957.jpg
このブックレットはちょうど一年前に出版された「TPP反対の大義」のつづきで、今年の四月に出版された。
23人の論客がそれぞれの観点からTPP参加への反対の意見を述べている。
値段も800円と手に取りやすいのが魅力。
ただし、赤坂の書店の店頭には置いていない。
“楽„はネットで入手した。



ちなみに、国会の地下にある本屋さん「五車堂」の十月一日から十一月十五日までの間に売れた本。
第八位にこの本はランクインしている。

一位から五位まではこちら。(11月29日 毎日新聞夕刊参照)
① 異常な契約 TPPの仮面を剥ぐ ジェーン・ケルシー著 農文協
② 決断できない日本 ケビン・メア著 文春新書
③ 「通貨」を知れば世界が読める 浜矩子著 PHPビジネス新書
④ 官僚の責任 古賀茂明著 PHP新書
⑤ 出世をしない秘訣 でくのぼう考 ジャン・ポール・ラクロワ著 こぶし書房
[PR]
# by akasaka_hiyoko | 2011-12-02 00:19 | 赤坂番外編

この白は強いぞ

いつもコース&飲み放題でお世話になってる
バティチさんに今宵はアラカルトでGO!
定番、ズワイガニとアボガドのタルタルはいつ食べても美味~
b0165000_9211177.jpg


で、こちらに合せて白ワイン。
しかも今日は、バティチさんがこだわる「スロベニアワイン」
b0165000_923172.jpg

b0165000_9231691.jpg

ワインの知識は初心者レベルの行蔵でも
この2本の「強さ」ははっきり感じます。
一言で言うなら(と、ワインを一言で表現しちゃ怒られそうですが)
「濃密~」
決して甘くてベタッとしてるとかではなく
果実味がしっかりしていて程よく余韻が広がるけど
後までまとわりつかない。
そう、「オトナの女性」な白なんです(かなり勝手な目線ですが)。

お店のソムリエさん曰く、
「スロベニアは白が特徴的なんです。」
とのこと。
ヘビーな料理にもしっかり合わせられる白との事で
b0165000_9362595.jpg

フォワグラリゾットに
b0165000_9364258.jpg

蝦夷鹿のパイ包み
どちらもかなり力の有るお皿でしたがスロベニアの白は
しっかり受け止めてくれます。

行蔵、
「やっぱり、ミルコを生んだ国は違うね。」
と感心するも、それはクロアチア!
「ワインのルーツって感じだな。」
と再度感心するも、それはグルジア!
不覚の連打と〆のつもりの赤でヘロヘロの行蔵に最後は
b0165000_9235638.jpg

めっちゃかっこいいボトルのバティチ・ロゼ。
結構~いい感じです。

忘年会・新年会シーズンに向け6000円で飲み放題付の
コースも設定の大変使い勝手の良いバティチさんですが、
気のおけない方とのクリスマスにもゆっくり楽しめますよ~。
ただし、スロベニアの白の濃密さは甘く見ないでくださいね。
[PR]
# by akasaka_hiyoko | 2011-11-29 09:52 | 赤坂ディナー

ハットリくん参上 with うさちゃん

大人のサシの接待には寿司ということで・・・
以前の日記で登場の寿司・服部さんへ。
ビール~日本酒かななんて思いを巡らしつつ店内へ

ところがその日はボジョレーヌーボー解禁日
ってなことでお迎えしてくれたのは
b0165000_8515964.jpg

ラパン(うさぎちゃん)ヌーボー。
行蔵世代懐かしのボジョレーヌーボー狂想曲時代は
「ボジョレーヌーボー=薄い・味わいない」ってな感じでしたが
いやいやイイ感じの酸味でぴょんぴょん跳ねるフレッシュさ。

これが
・カワハギ&肝和え醤油
・アナゴのうっすら醤油焼き
・煮アワビの肝タレのせ
に意外なほど合います。
(どれも写メだと全くシズル感出ないのでご想像にお任せします)

(でもせっかくなんで大将登場)
b0165000_8593632.jpg

握るお寿司同様、繊細な風貌に温かみのある笑顔
手にはてんこ盛りな雲丹の手巻き
「僕はあんまりワイン分からないんですけど、
 やっぱりこの時期はボジョレー置いとこうかなと。」
と謙虚な発言。
いやいや、雲丹にも合いますよ~。

(せっかくなんで握りもダイジェストで)
b0165000_913430.jpg

大間の釣りもの
「大間とかなんとか言っても・・・」「マグロは赤身だよな・・・」
とか四の五のは抜きで、やっぱ旨いっっす。
b0165000_914639.jpg

行蔵好物の煮蛤もドンと大ぶり。
瑞々しさと広がる甘みが絶品です。
b0165000_92122.jpg

イクラはご飯と一緒に一口盛でストレートに。

すいすい進んだボジョレー後には
b0165000_921396.jpg

結局、日本酒。
人気のダッサイの 意外な発泡にごり酒。
しっかりガツンのダッサイもいいけど、こちらもいけます。
最後にはたんと食べた(日記ではお伝えしきれないほど)ご褒美に
大将から普通のダッサイも頂きご満悦。

青年時代にボジョレーではしゃいでからはや十数年?
中年行蔵はボジョレー×お寿司で至福なひと時。
ハットリくん素敵な出会いをありがとうございました。 
ニンニン
[PR]
# by akasaka_hiyoko | 2011-11-18 09:23 | 赤坂ディナー

オトナシャブシャブ

「今日はしゃぶしゃぶ食べた~い」
赤坂の貴兄ならそんなこと言われることも
しばしばあるでしょう。

相手が若いだけなら
→150Kmのストレートで「木曽路さん」の食べ放題でも
ちょっといいとこ見せちゃおうなら
→切れのいいシュートで「ざくろさん」でも
しかし、美味しいところ&格好いい店によく行ってて
SBの内川張りの好打者に対してなら

b0165000_9522099.jpg

だーん!
こんなスターターで始めるお店はいかがでしょう?

しゃぶしゃぶ屋を名乗りながらてんこ盛りの魚介食材を
籠盛りして、つまみを選ばせます。
メニューなし、金額聞くのもちょっと憚る雰囲気の中
行蔵は
丸々太った銀杏焼きに、ホタテの磯辺焼きに続き
(写メ忘れて食べに没頭・・・)

b0165000_109040.jpg

とろ~り、甘~い、ふぐの白子焼き
b0165000_1095877.jpg

香り良く、旨味がぎゅぎゅな、ハラス焼き

激ウマのアテでいい感じに肩もあたたまったところで
しゃぶしゃぶをオーダーすると
「お肉は2枚ずつくらいにしときますか?」の問い。
かつて食べ放題のお店で気持ち悪くなるまで
肉を何皿も注文しまくった行蔵も、ここはオトナに
「そうですね。」とさらりと応答。


b0165000_10195938.jpg

じゃ~ん!

b0165000_10204188.jpg

旨そうでしょ。いや旨いです。
程よい脂。
霜降り過ぎて一枚ごとにタレがギトギトになるような
肉食べてんだか脂食べてんだか分からないお肉でなく
ちゃんとジュジュジュワ~ンな味の広がりを持ってます。
野菜も最小限。
「鍋を食べている」というより、美味しくお肉をいただく為に
料理の一皿としてしゃぶしゃぶ仕立てにしているような感じ。
オトナを心がけながらも結局、
「もう2枚ずつお願いします。」と我慢の利かないお子様状態。
シンプルに〆の雑炊を頂くと
b0165000_10283774.jpg

ちょうどいい感じの満足度合い。

魚と肉と酒、絶妙な配球は往年の江夏並にそうそう
打ち返せはしないでしょう。
ちなみにこちら、先述の「井ざわ」さんより更にオジサマ度高し。
というより行蔵が完全に飲まれるような
雰囲気のオジサマ&オネエサマが完全リラックスモードで
お酒とお食事を楽しんでます。

大人の街・赤坂の中でも、かなりのオトナ指数。
お店の名前は「古母里」
BIZタワー前立ち飲み「壌」さんのお隣2階です。

*楽さんを受けて野球ネタでお届けしました。
[PR]
# by akasaka_hiyoko | 2011-11-12 10:40 | 赤坂ディナー

必冊!赤坂 その十二 がんばれ!ベイスターズ


『その前年まで、六年連続最下位にあえぎ、お荷物球団とまで見られていた球界12番目に位置する弱小球団が、三原の監督就任からたった一年の間に「日本一」に駆け上がった事実は、それまでプロ野球には縁遠かった人々の目までをも奪った。』
b0165000_023144.jpg

「三原脩の昭和三十五年」 富永俊治著 洋泉社 現在絶版

赤坂お膝元「TBS」が保有する横浜ベイスターズの身売りが12月1日に開かれるプロ野球オーナー会議を経て決まりそうである。

“楽„ はベイスターズファン。
そう、「大洋ホエールズ」が川崎から今の横浜に本拠地を移し、
「横浜大洋ホエールズ」となった1978年からのファンである。
当時は別当薫監督だった。

今回取り上げたは当著は、「大洋ホエールズ」が昭和35年に三原脩監督のもと、
初のリーグ優勝を経て、
日本シリーズでは「大毎オリオンズ」を四縦で破り、
日本一になるまでの軌跡を描いた本である。

抜粋したとおり、この優勝の年の前年まで、
「ホエールズ」は六年連続最下位というリーグの「最弱お荷物球団」であった。

伝統は廃れない。
去年にはプロ野球史上初の三年連続90敗以上という不名誉な記録がついてしまった。
しかし、もはやこれはお家芸の域であって、
“楽„にしてみれば、また箔が着いたなと、といったところである。

87年には広島を4度の優勝に導いた猛将・古葉竹識を監督として迎えても、
また、98年の二度目の日本一の後、2001年には西武ライオンズの黄金期を支えた知将・森祇晶を迎えてもAクラスにすらなかなかなれなかった。
両氏はこの球団関わったことで球界での晩節を汚してしまったといってもよい。

というわけで、“楽„ は今後とものんびりファンを続けていく。
死んじゃう前に、もう一度優勝してくれれば御の字である。
98年の二度目の日本一前までは、リーグ優勝ですら一生お目にかかれるのは無理かと思っていた。

さて、この本はその二度目の日本一を獲得した98年の四月に初版されている。
前年は終盤までヤクルトと競っていて、もしかしたらという著者の「勘」があったのかもしれない。
今、手元にあるのはその初版物である。

さて、今週11日に公開されるブラッド・ピット主演の映画「マネー・ボール」には原作がある。

b0165000_037881.jpg
野球好きの方には、是非、こちらは読んでいただきたい。
野球というゲームの見方がこの本を読むことで変わること請け合いである。
貧乏球団の「アスレチックス」がいかにして強いチームになりえるのか、その秘密が明かされる。
日ハムにいたヒルマン監督や、ロッテにいたバレンタイン監督(二期目)は監督就任当初この新しい球団作りの手法を日本の球団で応用しようとした。
そう、うまくはいかなかったけれど。
野球が盛んでないイギリスでもこの本が売れた証拠には、野球を例に取り、物事を多角的に見ることで様々な発想が実現可能なことを示しているからに違いない。
[PR]
# by akasaka_hiyoko | 2011-11-10 00:52 | 赤坂番外編

きぼうはうれしい2 オゥレギューム

昼にイタリアンなら夜はフレンチ!

きぼう食堂第2弾はお野菜フレンチのオゥレギュームさん。
イケメンオーナーシェフが繰り出す料理は日に日に繊細に、
ほんわか雰囲気のフロア大西さんも端端にナイスなジョークが
出てきて、本当に居心地のよさが増すオゥレギュームさんが
今回は期間中「きぼう食堂限定メニュー」一本で勝負。
b0165000_1062230.jpg

きぼう食堂&生産者のことを書いたメニューまで
用意した徹底振りに頭が下がります。

岩手づくしコースは
ぶどうジュースのシャンパン割の食前酒の後、
b0165000_108715.jpg

無農薬大根のポタージュで優しくスタート。
うっすらと大根の辛味が漂うポタージュは
連日の暴飲で疲れ気味の行蔵の胃に染み渡ります。

b0165000_1011275.jpg

野菜たっぷりの中から出てくるのは秋鮭のスモーク。
皮はパリパリ。身はしっとり半生。
りんごソースを和えてふんだんの野菜と共に
口に運ぶと、鮭の塩気と脂がちょうどいいバランスで
野菜と混ざり合います。

b0165000_10145821.jpg

短角牛はミンチで粗めのマッシュポテト状のジャガイモと
頂きます。
ミンチゆえに旨味がダイレクトに広がる短角牛を
ジャガイモと混ぜながら頂くととえも親しみ深い味に。
そう、上質な牛肉ポテトコロッケです。
ミンチ+ジャガイモはやっぱり安心の組み合わせかも。

さらにメインは
b0165000_1020158.jpg

南部鶏のロースト。
行蔵大好きな鶏皮はカリッカリ。身はジューシー。
そしてこれぞオゥレギュームなふんだんな野菜。
「肉を食べるなら、その3倍の野菜を!」の教えが
自然に適えられるとってもヘルシーな一皿。

おしまいは
b0165000_1024542.jpg

ハロウィンにちなんだデザートプレート。
キャラメルアイスには可愛いJACKのクッキー
&一口カボチャモンブラン。可愛いですよね。

これで驚愕の5500円。
岩手のみなさんだけでなく食べた行蔵からも思わずありがとうの
充実コース。
岩手づくしは終わっっちゃいますが周年記念コースは継続とのこと
これは要チェックです。

冒頭から生意気なことぬかしていますが
オゥレギュームさんは確実に進化しています。
行蔵が初めて行ったときには、野菜の美味しさを味わえながらも
最速155Kmのストレート一本で押しまくってた感がありましたが、
150Kmのストレートに切れのあるスライダーと絶妙なカーブが
入った技巧派の一面も。
野菜と肉・魚がいいバランスでいただけるのはもちろん。
デザートまでの流れもとっても綺麗になってきました。
裏道の2階の程よい広さの店内で、こんな料理が
温かい雰囲気で出される。
益々人気が出るのは嬉しいけど、行蔵の隠密行動の大切なカードが
取りづらくなるのは、、、複雑な心境に悩む行蔵です。

それはさておき
きぼう食堂ありがとうな満足な夜でした。
[PR]
# by akasaka_hiyoko | 2011-10-29 10:41 | 赤坂ディナー

きぼうはうれしい1 イルカシータ  

関西から帰ってきて
行って来ました「きぼう食堂」!

第一弾は陽光降り注ぐテラスDEランチの
イルカシータさん。
本当は夜メニューなんだけどちょっとお願い!


b0165000_9213687.jpg

昼から禁断の「にんにくゴロゴロ」
岩手県・軽米産のにんにくは大粒でほくほく。
オリーブオイルふんだんなシンプルなペペロンチーノは
にんにくの頂き方としてかなりベストかも。
ついついランチワインも進みます。。。

さらに
b0165000_9284258.jpg

キラキラ光る豪快な肉塊は
四元豚のグリル。
しっかり火が入って肉の旨味倍増。
噛み締める喜び感じます。
肉汁がジュワンと広がりますが意外なほどあっさり
ぺろっと頂けちゃいます。

で、かなり満足な岩手づくし第1弾。
きぼう食堂企画ありがとうです。

ところでイルカシータのテラス席は何気に今が最高!
晴れた日の昼なら、真っ青な空の下からっと爽やかな風を
感じられます。
夜も強力ストーブとブランケットの準備で万全。
顔には心地良い夜風。赤ワイン進みますよ~。
[PR]
# by akasaka_hiyoko | 2011-10-29 09:46 | 赤坂ランチ

テラスランチ界の新星

8月9月の強い日差しの下でのテラスランチもいいですが
10月に入ってからっとした陽気の下の外ランチはまた格別。
ってなわけで最高気温が下がっていくニュースに追われつつ
伺ったのは・・・

b0165000_11152324.jpg

手すり越しの芝生ショットに外飲み好きはピーン!でしょうが
この高さ感は、ピザか?フレンチか?
しかしこちらでの2杯目は
b0165000_11211459.jpg

日本酒のテラス飲みというありそでなかったこのシチュエーションは
ミッドタウンの和食屋さん・淡悦さんのテラス席。
テラス飲みというと専らイタリアン、フレンチの牙城な中で
とっても素敵なコンセプトだなぁと感心な行蔵。
料理は、あまりにビールが美味くて先付けとおつくりを撮り忘れましたが
b0165000_1134966.jpg

ほっとする真丈入りのお椀
b0165000_11361254.jpg

鰆の柚庵焼き
b0165000_11342952.jpg

キス&海老&ヤングコーンの天麩羅
これには
b0165000_1222731.jpg

思わず白ワイン
というド定番和食コースに
〆は
b0165000_11344444.jpg

枝豆とトウモロコシの炊き込みご飯。

比較的淡々と頂いていた安心の品々の最後にこれは秀逸!
お豆とトウモロコシの食感と上品な甘さ+やや強めの塩味が
少し固めに炊き上げた白米にジャストフィット。
土鍋炊きご飯ってコースでお腹一杯になった後では
一膳しか食べられずあとはおみやになる事が多いのですが
行蔵も連れも当然のお代わりで、あっという間に土鍋は空。
しっかり食べても胃もたれせず、いい余韻を楽しめます。

昼からビール~日本酒~ワインに流れる一見サボリーマンに
室内のオバチャマ達からの視線は大分厳しいものがありましたが、
そういったお客様層なので晴天のランチ時でもテラスはガラガラ。
ピザにスパークリングもいいですが
「日本人なら米を食え!日本酒を飲め!」
な思いを新たにする行蔵でした。

PS
b0165000_1135260.jpg

あまりに気持ち良く、食後芝生で追加の一杯。
前言撤回、やっぱスパークリングは美味しいなぁな午後でした。
[PR]
# by akasaka_hiyoko | 2011-10-03 12:31 | 赤坂ランチ

納車式

本日
赤坂氷川神社に
3台目
赤坂氷川山車が納車されました!

9月18日(日)
10時!
赤坂サカスに来ると
普段見られない光景が見れますよ!

ご興味ある方は
是非とも
9月18日(日)10時は赤坂サカスへ!



b0165000_12113761.jpg

[PR]
# by akasaka_hiyoko | 2011-09-07 12:12 | 赤坂の出来事