赤坂ひよこ日記

ブログトップ

タグ:行蔵 ( 145 ) タグの人気記事

オトナシャブシャブ

「今日はしゃぶしゃぶ食べた~い」
赤坂の貴兄ならそんなこと言われることも
しばしばあるでしょう。

相手が若いだけなら
→150Kmのストレートで「木曽路さん」の食べ放題でも
ちょっといいとこ見せちゃおうなら
→切れのいいシュートで「ざくろさん」でも
しかし、美味しいところ&格好いい店によく行ってて
SBの内川張りの好打者に対してなら

b0165000_9522099.jpg

だーん!
こんなスターターで始めるお店はいかがでしょう?

しゃぶしゃぶ屋を名乗りながらてんこ盛りの魚介食材を
籠盛りして、つまみを選ばせます。
メニューなし、金額聞くのもちょっと憚る雰囲気の中
行蔵は
丸々太った銀杏焼きに、ホタテの磯辺焼きに続き
(写メ忘れて食べに没頭・・・)

b0165000_109040.jpg

とろ~り、甘~い、ふぐの白子焼き
b0165000_1095877.jpg

香り良く、旨味がぎゅぎゅな、ハラス焼き

激ウマのアテでいい感じに肩もあたたまったところで
しゃぶしゃぶをオーダーすると
「お肉は2枚ずつくらいにしときますか?」の問い。
かつて食べ放題のお店で気持ち悪くなるまで
肉を何皿も注文しまくった行蔵も、ここはオトナに
「そうですね。」とさらりと応答。


b0165000_10195938.jpg

じゃ~ん!

b0165000_10204188.jpg

旨そうでしょ。いや旨いです。
程よい脂。
霜降り過ぎて一枚ごとにタレがギトギトになるような
肉食べてんだか脂食べてんだか分からないお肉でなく
ちゃんとジュジュジュワ~ンな味の広がりを持ってます。
野菜も最小限。
「鍋を食べている」というより、美味しくお肉をいただく為に
料理の一皿としてしゃぶしゃぶ仕立てにしているような感じ。
オトナを心がけながらも結局、
「もう2枚ずつお願いします。」と我慢の利かないお子様状態。
シンプルに〆の雑炊を頂くと
b0165000_10283774.jpg

ちょうどいい感じの満足度合い。

魚と肉と酒、絶妙な配球は往年の江夏並にそうそう
打ち返せはしないでしょう。
ちなみにこちら、先述の「井ざわ」さんより更にオジサマ度高し。
というより行蔵が完全に飲まれるような
雰囲気のオジサマ&オネエサマが完全リラックスモードで
お酒とお食事を楽しんでます。

大人の街・赤坂の中でも、かなりのオトナ指数。
お店の名前は「古母里」
BIZタワー前立ち飲み「壌」さんのお隣2階です。

*楽さんを受けて野球ネタでお届けしました。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-11-12 10:40 | 赤坂ディナー

きぼうはうれしい2 オゥレギューム

昼にイタリアンなら夜はフレンチ!

きぼう食堂第2弾はお野菜フレンチのオゥレギュームさん。
イケメンオーナーシェフが繰り出す料理は日に日に繊細に、
ほんわか雰囲気のフロア大西さんも端端にナイスなジョークが
出てきて、本当に居心地のよさが増すオゥレギュームさんが
今回は期間中「きぼう食堂限定メニュー」一本で勝負。
b0165000_1062230.jpg

きぼう食堂&生産者のことを書いたメニューまで
用意した徹底振りに頭が下がります。

岩手づくしコースは
ぶどうジュースのシャンパン割の食前酒の後、
b0165000_108715.jpg

無農薬大根のポタージュで優しくスタート。
うっすらと大根の辛味が漂うポタージュは
連日の暴飲で疲れ気味の行蔵の胃に染み渡ります。

b0165000_1011275.jpg

野菜たっぷりの中から出てくるのは秋鮭のスモーク。
皮はパリパリ。身はしっとり半生。
りんごソースを和えてふんだんの野菜と共に
口に運ぶと、鮭の塩気と脂がちょうどいいバランスで
野菜と混ざり合います。

b0165000_10145821.jpg

短角牛はミンチで粗めのマッシュポテト状のジャガイモと
頂きます。
ミンチゆえに旨味がダイレクトに広がる短角牛を
ジャガイモと混ぜながら頂くととえも親しみ深い味に。
そう、上質な牛肉ポテトコロッケです。
ミンチ+ジャガイモはやっぱり安心の組み合わせかも。

さらにメインは
b0165000_1020158.jpg

南部鶏のロースト。
行蔵大好きな鶏皮はカリッカリ。身はジューシー。
そしてこれぞオゥレギュームなふんだんな野菜。
「肉を食べるなら、その3倍の野菜を!」の教えが
自然に適えられるとってもヘルシーな一皿。

おしまいは
b0165000_1024542.jpg

ハロウィンにちなんだデザートプレート。
キャラメルアイスには可愛いJACKのクッキー
&一口カボチャモンブラン。可愛いですよね。

これで驚愕の5500円。
岩手のみなさんだけでなく食べた行蔵からも思わずありがとうの
充実コース。
岩手づくしは終わっっちゃいますが周年記念コースは継続とのこと
これは要チェックです。

冒頭から生意気なことぬかしていますが
オゥレギュームさんは確実に進化しています。
行蔵が初めて行ったときには、野菜の美味しさを味わえながらも
最速155Kmのストレート一本で押しまくってた感がありましたが、
150Kmのストレートに切れのあるスライダーと絶妙なカーブが
入った技巧派の一面も。
野菜と肉・魚がいいバランスでいただけるのはもちろん。
デザートまでの流れもとっても綺麗になってきました。
裏道の2階の程よい広さの店内で、こんな料理が
温かい雰囲気で出される。
益々人気が出るのは嬉しいけど、行蔵の隠密行動の大切なカードが
取りづらくなるのは、、、複雑な心境に悩む行蔵です。

それはさておき
きぼう食堂ありがとうな満足な夜でした。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-10-29 10:41 | 赤坂ディナー

きぼうはうれしい1 イルカシータ  

関西から帰ってきて
行って来ました「きぼう食堂」!

第一弾は陽光降り注ぐテラスDEランチの
イルカシータさん。
本当は夜メニューなんだけどちょっとお願い!


b0165000_9213687.jpg

昼から禁断の「にんにくゴロゴロ」
岩手県・軽米産のにんにくは大粒でほくほく。
オリーブオイルふんだんなシンプルなペペロンチーノは
にんにくの頂き方としてかなりベストかも。
ついついランチワインも進みます。。。

さらに
b0165000_9284258.jpg

キラキラ光る豪快な肉塊は
四元豚のグリル。
しっかり火が入って肉の旨味倍増。
噛み締める喜び感じます。
肉汁がジュワンと広がりますが意外なほどあっさり
ぺろっと頂けちゃいます。

で、かなり満足な岩手づくし第1弾。
きぼう食堂企画ありがとうです。

ところでイルカシータのテラス席は何気に今が最高!
晴れた日の昼なら、真っ青な空の下からっと爽やかな風を
感じられます。
夜も強力ストーブとブランケットの準備で万全。
顔には心地良い夜風。赤ワイン進みますよ~。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-10-29 09:46 | 赤坂ランチ

テラスランチ界の新星

8月9月の強い日差しの下でのテラスランチもいいですが
10月に入ってからっとした陽気の下の外ランチはまた格別。
ってなわけで最高気温が下がっていくニュースに追われつつ
伺ったのは・・・

b0165000_11152324.jpg

手すり越しの芝生ショットに外飲み好きはピーン!でしょうが
この高さ感は、ピザか?フレンチか?
しかしこちらでの2杯目は
b0165000_11211459.jpg

日本酒のテラス飲みというありそでなかったこのシチュエーションは
ミッドタウンの和食屋さん・淡悦さんのテラス席。
テラス飲みというと専らイタリアン、フレンチの牙城な中で
とっても素敵なコンセプトだなぁと感心な行蔵。
料理は、あまりにビールが美味くて先付けとおつくりを撮り忘れましたが
b0165000_1134966.jpg

ほっとする真丈入りのお椀
b0165000_11361254.jpg

鰆の柚庵焼き
b0165000_11342952.jpg

キス&海老&ヤングコーンの天麩羅
これには
b0165000_1222731.jpg

思わず白ワイン
というド定番和食コースに
〆は
b0165000_11344444.jpg

枝豆とトウモロコシの炊き込みご飯。

比較的淡々と頂いていた安心の品々の最後にこれは秀逸!
お豆とトウモロコシの食感と上品な甘さ+やや強めの塩味が
少し固めに炊き上げた白米にジャストフィット。
土鍋炊きご飯ってコースでお腹一杯になった後では
一膳しか食べられずあとはおみやになる事が多いのですが
行蔵も連れも当然のお代わりで、あっという間に土鍋は空。
しっかり食べても胃もたれせず、いい余韻を楽しめます。

昼からビール~日本酒~ワインに流れる一見サボリーマンに
室内のオバチャマ達からの視線は大分厳しいものがありましたが、
そういったお客様層なので晴天のランチ時でもテラスはガラガラ。
ピザにスパークリングもいいですが
「日本人なら米を食え!日本酒を飲め!」
な思いを新たにする行蔵でした。

PS
b0165000_1135260.jpg

あまりに気持ち良く、食後芝生で追加の一杯。
前言撤回、やっぱスパークリングは美味しいなぁな午後でした。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-10-03 12:31 | 赤坂ランチ

Wスイーツな午後

台風の影響で雨模様の続いた東京も
今日からほぼ一週間は晴れるということで
本日のランチは・・・・

b0165000_15265623.jpg

チープ感満載の真っ赤な氷イチゴで〆ました。
連れはカルピス+練乳+アイスな
スペシャル感満載な感じだったので
行蔵はあえてストレートに氷イチゴ。
でも、ちょい日和ってアイス載せ。
練乳の甘さがカルピスの酸味を引き立たせた
連れの絶妙チョイスに対し、シンプルさを追い求めた
はずの行蔵は後半はあまりの素朴さに思わずシロップ追加。

でもそんな我侭にも気持ち良く対応頂いたのは
ここが、「ランディ」だから。

今日のランチプレートは
b0165000_15334320.jpg

外カリ&中ジューシーなコンフィ。
そのままでもしっかり食べ応えありますが、身を小さめに
ほぐして付け合せのクスクスと粒マスタードと和えるようにして
食べるとまた美味。程よい塩気と脂がとっても赤ワインに合います。

デザートにはベビーフェイスなイケメン店員さん自信一杯の
スイーツから・・・特大シュークリームをチョイス。
b0165000_15392871.jpg

ダン!&オープン!
b0165000_15395989.jpg

ザックリ肉厚&notパサパサ食感のシュー生地に
たっぷりカスタードを絡めてしっとり頂きま~す。
軽めさっぱり味のクリームで主食後でも全くゲフっときません。

で先頭のカキ氷に。
昼からありえないWデザートに件のお兄さんも苦笑い気味でしたが
満足度は2倍でなく二乗効果。

瞬間、完全に午後の仕事のやる気を失った行蔵ですが
氷完食後にいい風を感じてダレ気も払拭。

さぁ稼ぐぞ~!!!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-09-06 16:23 | 赤坂ランチ

オトナお子様ランチ

巷の夏休みもいよいよ今日で終わり。

みなさんの周りでは夏休みの間にすっかり
オトナになっちゃったイケナイ女子はいませんか?
(って中学生じゃあるまいしですね)
そんな少年時代を振り返った行蔵が先日行ったのが

b0165000_12134182.jpg

円通寺通り沿いでこの看板がず~っつと前から気になっていた
ルスティカネラさん
初めてなのでサイトの限定コースをお願いしたのですが
これが嬉しい「オトナお子様ランチ」な感じ。

色が完全につぶれてしまって全く美味しくなさそうなのは
お店の方にゴメンナサイですが
b0165000_12172985.jpg

お肉・魚介・野菜の一口前菜が6種。
どれも乾杯のスパークリングと共に、
テーブルの場が程よく温まるのに最適です。

b0165000_12215425.jpg

続いてパスタ&リゾットが2種相盛。
トマトソースパスタとときのこベースの塩味リゾットは
見た目にも味的にも好コントラスト。
ハーフ&ハーフなんで炭水化物が黄色信号の
行蔵には嬉しい設え。

そしてお肉かお魚を選べるメインにお肉を選ぶと
b0165000_12264534.jpg

もはや掟破りの3種のお肉盛。
鶏はプルプル食感を残してジューシーに、
牛はかみ締めると肉汁じゅわなしっかりグリルで、
豚はカツレツ風に。
少年時代の「石井のハンバーーグ~♪」のCMソングを
口ずさみたくなるようなトリプルミートな一皿。

デザートも
b0165000_12573570.jpg

ティラミスを主役に5種盛り込み。

限定・入門・お試しメニューとは言え4000円でこのバラエティは
かなり楽しくいただけます。
800円ランチでいたずらに小鉢やゼリーとかついてくるのは
嫌いな行蔵も、気軽な飲み会時のこのコースにはとっても満足。
敢えて褒め言葉としての「お子様ランチ」命名です。

夏休みの終わり、オトナのお子様ランチコースを頂きながら
ふと自省。
・おしゃべり
・コツコツ出来ない
・飽きっぽい
・体育が2で運動嫌い
小学生から本当変わっていません・・・
2学期はがんばるぞう!
                      永遠の少年・行蔵
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-08-31 13:12 | 赤坂ディナー

ハンバーグとカレーとチップとデール

今宵は、行蔵と「中年チップ&デール」を組む先輩と会食。
(ちなみに行蔵は赤い鼻のデールです)
ビジネスピープルとしても女性としてもキラキラ&バリバリな
SATC(セックス・アンド・ザ・シティ)な女性を赤坂に招くこととなり
おなじみビストロQさんへ。

本日は周年記念の「込み込みコース」をチョイス!
森の実り好きなチップ&デールのメインは当然
b0165000_9561575.jpg

フォアグラ入りハンバーグ。
ウエスト周り100㎝超のシマリスは完全に小学生回帰で歓喜。
SATCからも「飲み会でハンバーグって新鮮ね。」との高評価。

さらに〆には
b0165000_1001971.jpg

小カレー。
チップ&デールはいつの間にかW黄レンジャーに・・・
大盛りにしなかったことが悔やまれるくらい
するっと入る食べやすさ。

で順番逆になりましたが当日は、ハンバーグ&カレーのガツン系以外にも

b0165000_12552728.jpg

桃とグリーンアスパラのサラダ
ジューシー&スイーティーな桃に青々としたシャクシャクのアスパラが
とっても合います。

b0165000_12553871.jpg

シマアジのタルタル トマトとスイカのガスパチョ 
しっかり脂の乗った青魚特有の旨味がスイカの甘さっぱりなソースと
これまた合います。「味覚の夏」を実感。

b0165000_12554916.jpg

さらに黄色とほぼ黒のコントラストが鮮やかな
マダイのソテー トウモロコシのソース
自然のトウモロコシの甘さは驚くほどに深い味わい。

行蔵、実は勝手に「ビストロQさん=ミート系&グリル系」イメージを
持っていましたがなかなかの繊細さにビックリ。
また、「カウンターでQさん見ながらしっぽり食事用店」としてインデックスを
つけていましたが4~5人で飲みながら盛り上がるのにもいい感じと認識。
(当日は隣で、業界人風の悪いオジサンと109系ギャルの4人が食事して
 ましたが、話の盛り上がり度&しょうもない度では、互角以上に渡り合う
 チップ&デール&SATC。
 カウンターのカップルさん達、うるさくてごめんなさいでした。)

ビストロQさんの周年イベントはこれからも続きます。
要チェックですよ~
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-08-26 13:23 | 赤坂ディナー

オイスター195

1991銀座
男「今日は牡蠣づくしで酔心(広島料理店)行こうか。
  ポン酢で生牡蠣、味噌鍋で熱燗いっちゃう?」
女「う、うん。生牡蠣はちょっと苦手だけど。。。」

時は流れ・・・
2011赤坂
女「今日は牡蠣かな~。グランドセントラルかマイモンがいいかな」
男「了解です。」
昭和な行蔵には、昨今の女子のオイスターバー好きには
隔世の感がありますが、もともと牡蠣好きなので大歓迎!

で、今宵は
b0165000_9121786.jpg

北海道・仙鳳趾の牡蠣を1個195円で提供の破格フェア開催中の
オストレアさんに行くぞう!
件の牡蠣と共に和洋3種の盛り合わせプレート
b0165000_9334985.jpg

あっさり~濃厚まで、アイルランド産~タスマニア産~丸えもん(和)
~仙鳳趾の順で食べるといいですよとのこと。
海外の小さめあっさり牡蠣はあまりタイプでない行蔵は
言われるままに期待低めで肩慣らしがてらアイルランド産から・・・
「ん?美味い。」
すかさず2個目のタスマニア産に
「お!これまた美味い。」
国産のクリーミー度とは異なるものの、いい感じの潮味&旨味。
いわゆる食べ厭きない加減で、
「欧米人はこういう牡蠣を白ワインと共に皿一杯食べてるんだろうなぁ」
と妙に納得。
しかしこってりもっちり行蔵は続いて丸えもん~仙鳳趾に移行。

納得の2品をレモンちょい絞りで頂いたら次は
b0165000_952580.jpg

どーんと的矢の岩牡蠣。
もはや牡蠣の皮を被った冷製濃厚クリームソースは
口に運ぶととろ~っつと舌に広がります。
昔、牡蠣をして「海のミルク」と言おうとして「海のプリン」と
のたまい失笑を買った悪夢が甦ります。

と一個一個のクオリティの高さに4種で満足の生牡蠣を後に
b0165000_100441.jpg

天使の海老のちょい辛シュリンプカクテル
b0165000_1011349.jpg

青魚のタルタル
b0165000_1012317.jpg

茄子と雲丹のテリーヌ
と海鮮冷製前菜で白ワインをぐ~びぐび。
〆に定番の牡蠣フライを頂く頃は
b0165000_101393.jpg

行蔵も連れもかなり出来上がってました。

で、気づくと奥のテーブル席~店頭のカウンターまで
店内は30代位の女子ばかり。
各々がグラスを片手に生牡蠣を啜り食べている様子に
女子パワーを感じ軽く畏怖と危機感を感じた行蔵。

赤坂の男子よ栄養分たっぷりの195円牡蠣を啜り食べ
いざ立ち上がれ日本!

失礼しました。。。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-08-25 10:15 | 赤坂ディナー

元気ですか~? 青・緑・白

昨日(8月11日)東京は35度で今夏最高の暑さ!

テラス好きの行蔵も流石に外を躊躇した(店員さんにも止められた)
ランチミーティングは以前にも紹介のJJさん!
真っ青な空+目線の高さの公園の緑+お皿とクロス&室内の白
30度超えの日はやっぱこのシチュエーションですね。
ミッドタウンにはこんな真夏ランチに適したお店が多いですが
JJさんはその適度な広さも相まって最適と言えるでしょう。

サンパチなお得なコースは
b0165000_9394467.jpg

赤カブの冷たいポタージュ。
抑えた甘みでスイーツのような柔らかさ、
ブルーベリーがしっかり瑞々しく酸味が
程よいアクセント。

選べる前菜、行蔵は
b0165000_943787.jpg

海老と夏野菜のマリネ&トマトのジュレ。
透明なのにトマト味しっかりのジュレに驚きつつ
混ぜ混ぜっ~スプーンで一口
b0165000_9495688.jpg

→海老と野菜の異なる食感が合わさって幸せ感じます。

お相手の皿も失礼して一口
b0165000_1010024.jpg

b0165000_10101822.jpg

天然の甘み豊かなトウモロコシのフラン
薄焼きお煎餅の下からは粒のトウモロコシがコロコロ

メインは
b0165000_9563355.jpg

スズキをチョイス。
刻んだ野菜もてんこ盛りのスズキはスプーンだけでは
切れないくらい脂が乗ってます。
ガスパッチョ風の冷たいスープと共に
シャキシャキ食感の野菜とライトモッチリなスズキ
こんな一皿味わえるなら夏も歓迎です。

またまた一口頂いたモチ豚も絶妙な火通りで
旨味◎だけどさっぱり頂けます。
b0165000_1042681.jpg


デザートは
b0165000_1045427.jpg

胡麻まみれのチョコに
胡麻アイス&アクセントの生姜、
和な大人テイストです。

こちらのJJさん、今は基本的に日本人のシェフが腕を
振るっているそうですが、ポーション、味付け、盛り付け等に
気負わないけどとっても気が遣われた繊細さを感じます。

お盆休みでちょっと人の少なくなった都心。
是非、行って食して欲しいぞう!!!
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-08-12 10:17 | 赤坂ランチ

至福の午後2 炒飯VS冷麺

陽炎が立つようなこのごろのランチ時。
テラス好きでも外はな・・・でも陽光の中
ランチがしたいという時にお勧めなのが
日記にもたびたび登場の赤坂璃宮さんのメインダイニング。
大きな窓で天気のいい日は本当気持ちよいです。

で、今日は前向きな商談の後だったので
「宜しくお願いしま~す。」のビールと共に
b0165000_10155135.jpg

皮付き豚ばら肉。
皮は何度も油かけをしているのかカリッカリ~ザックザク
の中間的な食感。ジュワーッと肉汁溢れる身と絶妙なバランス。
皮の香ばしさと若干の塩味以外の余分な味付けなしで
ダイレクトに豚肉の旨味が味わえます。

続いて
b0165000_12541011.jpg

夏季限定のトマトたっぷり冷麺

b0165000_12545399.jpg

卵白と干貝柱の炒飯
をシェア。

主役のトマト以外にもトウモロコシなどの夏野菜&海老・イカ・・・の
ふんだんなシーフード。アクセントの枝豆の食感が嬉しい。
見た目も具材も冷製パスタですが、控えめな酸味と細麺ながら
コシのある食感が安心の中華風。

炒飯は、上品に卵白だけで仕上げてることで貝柱の風味が
とっても優しくかつストレートに伝わってきます。
先述のワキヤさんの彩り具材の炒飯、かおたんさんのがっつり炒飯も
それぞれに嬉しいですが、この上品さもまた素敵です。

バランスの取れたランチコースも魅力の璃宮さんですが
つまみ~ビール~麺・飯一品でもかなり満足度・高です。

で、そんな璃宮さんが、今年もエクストラコールドのスーパードライを
はじめます!
なんと今回はつまみ3品付きで飲み放題3000円!!!
飲みに専心するのもいいですが、これにちょい点心&ご飯ものを
追加オーダーしても大体5000円/人以内。
これは行くしかないでしょう。
「璃宮の味を知ってもらいたい。一度足を運んでみてもらいたい。」
との思いでスタートされた本企画。
行蔵みたいな呑み助が行けば赤字必至!?

企画終了になる前にいざ急げ璃宮へ。
[PR]
by akasaka_hiyoko | 2011-07-08 13:25 | 赤坂ランチ